カラーダイヤモンド はここのところ、とても人気があります。ピンクダイヤモンドのほかに、現在青いダイヤモンドも需要が高いです。素晴らしい(=高価な)価格で提供されていますが、超富裕層はそれを買うことを躊躇しません。さらに、青いダイヤモンド(オッペンハイマーブルー)が最近記録的な額でオークションで落札されました。

オッペンハイマーブルー

以来、オッペンハイマーブルーは世界で最も高価なダイヤモンドと呼ばれているようです。ジュネーブのクリスティーズのオークションでは、リングにセットされた14.62カラットの青いダイヤモンドが、約5130万ユーロで匿名の電話入札者によって競り落とされました。そして、以前の記録は破られたのでした。去年の11月にブルーダイヤモンドの「ブルームーン」が約4500万ユーロでオークションにかけられたためです。

「オッペンハイマーブルー」(Oppenheimer Blue)は、青いダイヤモンドの中でも最も稀少な色であるファンシー・ヴィヴィッド・ブルーのカテゴリーに属する、長方形のダイヤモンドです。ダイヤモンドは、英国のダイヤモンドディーラー、フィリップ・オッペンハイマー(Oppenheimer、1911年 - 1995年)にちなんで名付けられました。彼は南アフリカのプレミア鉱山でこの石を発見し、この美しいダイヤモンドを妻に与えました。愛にも(ブリリアントな)価格があるのです。

ブルーダイヤモンド対サファイア

誰もがそのようなブルーダイヤモンドを買えるわけではありません。小さくて(安価な)コピーも存在することはしますが、それでも高価です。ラッキーなことに、代替品があります:サファイアです。このコーンフラワーブルーの宝石は、同じくらい美しく、はるかに安価です。投資として考えているのでない限り、ブルーダイヤモンドより興味深いものです。

ブルーダイヤモンドとサファイアは、両方とも、(無色の)ダイヤモンドと組み合わせると抗えないほど魅力的です。ホワイトゴールドとプラチナ が、さらに輝かせます。青い宝石やダイヤモンドと金色の宝石を組み合わせると、どちらかと言うとクラシックに見えます。青い色はしばしば力や富と関連付けられ、控えめな服装に魅力をプラスします。

ブルーダイヤモンドは高価で、その素晴らしく高い価格を支払うことができるのは、ほんの一握りの人々だけです。幸運なことに、弊社では、より小さな青いダイヤモンドやサファイアといった、より煌めく安価な代替品の ダイヤモンドエンゲージリング を見つけることができます。でも、他にも青色が最大に引き出される宝石はあります。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER