貴金属を使わないないダイヤモンドジュエルはありません。無色のダイヤモンドは、ホワイトゴールド、またはプラチナのセッティングで最高に美しく見えます。しかし、この二つの貴金属はしばしば互いに混同されることがあります。そろそろ、この誤解を解く時間です。金はプラチナでなく、プラチナも金ではないからです。ダイヤモンドの品質を決定する 4 C (カラット、カラー、クラリティ、カット)に似た、5 Cを使用してこれを行います。

カラーとケア

ホワイトゴールドのカラーは、金に銀、ニッケル、パラジウムおよび/またはマンガンを混合することによって生じます。「純粋なホワイトゴールド」というものはありません。貴金属は、仕上がりがより白く明るくなるよう、ロジウムの余分な層で覆われていることが多いです。このプロセスは頻繁に繰り返さなければならず、これを怠ると色はその主成分であるイエローゴールドに戻ります。一方、プラチナは自然な白色をしており、長い時間が経っても、ホワイトゴールドジュエリーのように黄ばみません。時が経つにつれ、プラチナの白い色が薄くなります。結果としてコントラストが生じ、ダイヤモンドはさらに輝きます。プラチナを元の色に戻すことは、完全に可能です。このクリーニングプロセスのコストは、ホワイトトゴールドのジュエリーのプロフェッショナルクリーニングとほぼ同じです。

ホワイトトゴールドとプラチナは同じ色のように見ますが、実際には別物です。プラチナは灰色がかって見えますが、ホワイトゴールドには独特のシルバーカラーがあります。両方の貴金属を並べて着用しないことをお奨めします。つまり、たとえばホワイトゴールドの ダイヤモンドのエンゲージリング を選ぶなら、プラチナの ウェディングリング は選ばない方がよいでしょう。

コスト(費用)

プラチナの代わりにホワイトゴールドのリングを選ぶことの主な利点は、コストです。プラチナはより希少なため、高価です。プラチナは年間160トンしか採掘されておらず、1500トンの金と比較するとほんのわずかです。プラチナはまた金よりも重く、貴金属の価格はその重量によって決まるので、プラチナがより高価であることは驚くことではありません。ゴールドのコストは約半分なので、その分、より大きくて美しいダイヤモンドに費やすことができます。

コンポジション(組成)

ほとんどのホワイトゴールドジュエリーは、14カラットまたは18カラットのものが入手できます。14カラットなら純金58.3%、18カラットは75%です。カラットの数が多いほど、金はより純度が高くなります。もっとも純粋な金は24カラットです。しかし、24金はそれでジュエリーを作るには柔らかすぎます。従って、他の金属と合金化しなければなりません。

プラチナは、非常に丈夫な貴金属です。それは金よりも強くて重く、したがって安価ではありません。さらに、プラチナジュエリーは身に着けたときにかなり重いです。これは、個人的な好みの問題になります。ニッケルにアレルギーがある方ならば、プラチナが最良の選択となります。ホワイトゴールドを製造する際には、ニッケルをイエローゴールドと合金化することが多いのです。プラチナのほうが純粋であり、低刺激性であると考えられています。ニッケルフリーのゴールドを利用することもできます。

カルチャー(文化)

ゴールドは富、知恵、神性を象徴しています。黄金時代は良い時代を指し、私たちは結婚50周年記念日を金婚式と呼びます。 。ゴールドは、特に エンゲージリングやウェディングリング にとって最も伝統的な貴金属としても見られます。ゴールドは非常に耐久性が高いので、カップルの間の永遠の愛と献身を象徴するのにピッタリです。

金メダルを考えると、ゴールドは一番の賞を意味しますが、プラチナは富とプレステージの新しい象徴であると思われます。プラチナのクレジットカードというものがあります。通常は、ゴールドカードよりも優れたメリットや特典があります。またハリウッドのプラチナに対する執着は、プラチナがゴールドに取っててかわったことを示していまるようです。

ホワイトゴールドとプラチナのどちらを選ぶかにかかわらず、どちらも同じように美しいです。2つの貴金属の長所と短所について、十分な情報を得ることが重要です。弊社ではあなたがその選択を行う際のお手伝いができます。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER