ウェディングリングは、カップルである二人の絆の強いシンボルであり、カップルがリングを選ぶということは、必然的にその<コミットメント>を示すということ。

ウェディングリングを選ぶのは、男性のほうが女性よりははるかに簡単。理由は、女性用には利用できるモデルとデザインの範囲が広いからです。さらに、メンズリングのデザインは、ほとんどの場合、どれもよく似ているのです。

 ウェディングリング は一生物。未来の花嫁は、個性に完全に一致するよう、自分が欲しいと思うリングを選択します。

けれど、彼女の愛する将来の夫のリングにマッチするようなリングを選ぶのは容易なことではありません。男性はしばしばダイヤモンドのない地味めなリングを好む傾向があり、女性は主にダイヤモンドで輝くリングに誘惑を感じるからです。結局のところ、最良の選択肢は、同じ合金を選び、彼のリングを最大限にシンプルなものにしようとすることでしょう。昔ながらの合金は、ホワイトゴールドプラチナイエローゴールドです。

どちらも同じ金属製の、奥様のためのダイヤモンド付きウェディングリングと殿方のためのシンプルなリング。ウェディングリングをエレガントに調和させるための、理想的な選択はこれです。

クラシックなウェディングリングには3種類あります。まず第一に、ラウンドリング。これはまん丸で、その球形のシェイプから女性により適しています。半円形のリングは内側は完全に平らで、外側は丸くなっています。これは女性専用でなく、男性にも適したタイムレスなリングです。リボンは完全に平らで、男性にとってはよりよくフィットし、このタイプのリングは平均より少し大き目に見えます。

まだ確信が持てず疑問がある場合は、いつでも弊社のジュエルエキスパートとお話していただいて解決することができます。有能でダイナミックなチーム BAUNAT は、あなたを歓迎し、ジュエルの購入期間中にアドバイスさせていただいています。さらに、サイズに合わせてテーラーメイドするウェディングリングのご注文も承っています。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER