サファイアは、ギリシア語で「青い石」です。かつて、サファイアは王家と富裕な貴族の宝石でした。けれど、ダイヤモンドとの組み合わせであろうとなかろうと、サファイアをセットした宝石は実際には流行遅れになることはありませんでした。カラーの宝石はここ数年のトレンドですが、サファイアは依然として最も人気があります。サファイアは幸運、美徳、知恵、神聖さの象徴であり、他の多くの宝石と同様に神話や伝説がまつわります。たとえば、古代ペルシャの人々は、地球が巨大なサファイアに載っていると考え、その光の反射が空を青く染めると考えていました。事実、この青い宝石は何世紀にもわたって多くのデザイナーにインスピレーションを与え、最も美しい宝石をデザインさせてきました。

サファイアは世界中で採掘されていますが、ミャンナー(旧ビルマ)、スリランカ、インドのカシミールからのサファイアが最も高価で、国際オークションで記録的な価格が付けられています。サファイアは、鉱石の中に残る鉄の痕跡により、その美しい青となっています。一般的には紫色のアンダートーンを持つサファイアが最も人気があり、緑色またはグレーのサファイアが最も人気がありません。非常に耐久性があるため、毎日の着用に理想的です。完全なクラシック。サファイアは、非常に伝統的であるという評判があります。ブルーは、クラシックなタイプにも贅沢なタイプにも、どんな服にもマッチする色です。

サファイアは、空と海の両方の輝く色を反映します。サファイアが(無色の)ダイヤモンドで囲むと、この美しい青色をさらに強調できます。また、ダイヤモンドはサファイアと組み合わせるとさらに輝きを増します。エレガントなリング、美しいイヤリング、ペンダント、またはさりげなくファッショナブルなブレスレット... サファイア(とダイヤモンド)をセットしたジュエリー の、BAUNAT の美しいコレクションの中から、きっとお望みのものが見つかるでしょう。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER