私がこの言葉を聞くと、いつも祖母のことを鮮明に思い出します。祖母は自慢そうに、ブリリアントカットのエンゲージリングを見せてくれたものでした。私は、「ブリリアント」がダイヤモンドよりも排他的で高価だと思っていました。が、今では自分が誤解していたことが分かります。「ブリリアント」と「ダイヤモンド」という言葉はよく入れ替わって使われていますから、誤解していたのは私だけではないでしょう。将来のすべての誤解をなくすよう、「ダイヤモンド」と「ブリリアント」の違いについて説明することとします。

簡単に言えば、ダイヤモンドは石(宝石)であり、ブリリアントは石(宝石)のカッティングの方法です。ブリリアントカットは丸いダイヤモンドで、最もよく売れている、最も人気のあるダイヤモンドカットです。そこから混同が生まれ、私たちのほとんどはダイヤモンドという言葉を聞くと、すぐに丸いラウンドカットを連想するのです。確かに、それが最も美しいダイヤモンドカットなので、混同されるのも不思議ではありません。ブリリアントカットは、反射光の量が最大となるよう、ダイヤモンドを57個のファセットに分割します。ブリリアントカットは、すべてのダイヤモンドカットのなかでも最も強い輝きを放ちます。

豪華で華麗なソリテールのエンゲージリングを片手にプロポーズされたいと思わない女性がいるでしょうか? 男性にとっては、それは非常に安全なチョイスで、成功を保証するものです。BAUNAT では、ブリリアントカットの エンゲージリングを幅広く取り揃えています。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER