4Cとは、宝石学者が貴石や例えばダイヤモンドのような宝石を評価することを可能にする基準です。4は4つの基準を指し、Cはすべての基準の頭文字を指します。貴石の価値と美しさは、主にこれら4つの基準に依るものです。

第一の基準:カラット

宝石を計量する測定単位は、カラット(CT)です。1カラットは、100ポイントで0.2グラムに相当します。また、カラット数は重量のみを反映するため、ダイヤモンドの大きさはカラット数に依存しないことを承知していることが重要です。1カラットを超えるダイヤモンドを発見することは非常にまれです。1カラットを超えるダイヤモンドの価格帯が高くなるのは、このためです。BAUNAT では、 0.30 カラット、1.25 カラット、さらには 3.00 カラットをセットしたダイヤモンドリングを取り揃えています。

第2の基準:クラリティ

内部または外部に何の欠陥もないとき、ダイヤモンドが「純粋」(ピュア)であると記すことができます。拡大率が高い拡大鏡または双眼鏡を使用して、ダイヤモンドが純粋であると言えるのはエキスパートだけです。双眼鏡は宝石の分析のために宝石学者が使用する、特殊な顕微鏡です。これらのマテリアルを使うと、潜在的なインクルージョンの正確な位置を特定し、ダイヤモンドのシェイプ、カラー、大きさの分析を行うことが可能となります。ダイヤモンドはその純度に応じて、異なるレベルに分類されます。「フローレス」を表すFLと、内部はフローレスを表すが、最高品質のダイヤモンドだとされる最高レベルの純度です。

第3の基準:カラー

ダイヤモンドのカラーは、DからZのカテゴリーに分類されます。ダイヤモンドは、無色に近ければ近いほど品質が高いとされます。完全無色の色調を持つダイヤモンドは、カテゴリーDに属します。一方、グレー、ブラウンやイエローの色合いのダイヤモンドは、Zレベルに分類されます。レッドやグリーン、ブルー、ブラックやパープルなどの「ファンシー」カラーとされるダイヤモンドもありますが、非常にまれであります。

最後の基準:カット

ダイヤモンドのカットは、モデルごとに異なる場合があります。ダイヤモンドの素晴らしさは、カットによってさらに引き出されます。カットダイヤモンドは、シェイプによって多くのファセット(面)を持っています。これらのファセットは、宝石のクラウンとカットレトのバランスが均等にとられています。また、対称でありながら、クラウンの高さに比例しなければなりません。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER