多くの男性にとって、エンゲージリングを購入することは、真のチャレンジです。彼らは通常、1つかそれ以上の無色のダイヤモンドがセットされている伝統的なリングを選択し、それを片手に愛する人にプロポーズします。この際には、男性諸君は明らかに無難に行きますが、時にはもう少し派手なことをする勇者もいます。カラーダイヤモンド も美しく、現在非常に人気があります。ピンクダイヤモンドの需要が増えています。美しい色と 賢い投資 の、ピンクのダイヤモンドのユニークな世界を少し掘り下げてみてみましょう。

ピンクダイヤモンドは、もっとも希少でなかったとしても非常に稀であることは間違いありません。それらは、主にアーガイル鉱山(オーストラリア)で採掘されています。この鉱山はピンクダイヤモンドの最大の供給源ですが、毎年わずかしか見つからないほど稀です。これが、値札が高価になる理由です。非常に富裕な人々は、現在、国際オークションで完全に取り乱したようになり、ユニークなピンクのダイヤモンドを得るために多額の金銭を支払っています。サザビーズ香港 は、昨年8.41カラットのピンクダイヤモンドを競売し、価格は1,776万米ドル(またはカラット当たり210万ドル)を記録しました。私たちはこのバイヤーに同意せざるを得ません。ピンクのダイヤモンドは優れた投資です:その価値は絶えず上昇します。予算が限られていても、ピンクダイヤモンドが入ったエンゲージリングを購入したい場合は、小さくて安価なダイヤモンドもあります。

けれど、このユニークなピンクの色はどのように作られるのでしょうか? ダイヤモンドの色は、光を吸収する化学的不純物から生じます。黄色のダイヤモンドには、微量の窒素が含まれています。けれど、ピンクのダイヤモンドにはこのような不純物は見当たりません。研究者らは、色は耐震ショックの結果、石の分子構造を変化させられて起こるのであると考えています。ピンクダイヤモンドの起源についての調査で、科学者たちは、地球の歴史についてもっと学べることを願っています。要するに、秘密でいっぱいの石なのです。私達が確実に言えることは、を購入する男性がどんどん増えているということ。

BAUNATには、美しいエンゲージリングの広範なコレクションがあります。クラシックなソリテール リング、またはもっと特徴的で目立つモデルもご用意しております。リクエストに応じて、ダイヤモンドのエンゲージリングをピンクのダイヤモンドで製作することもできます。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER