間違いなく、世界で最も有名なネックレスは、「碧洋のハート」 -「ハート オブ ジ オーシャン」です。誰か知らないひとがいたら、おそらく過去20年間絶海の孤島に住んでいたに違いありません。1997年の映画、「タイタニック」で重要な役割を果たす、架空のブルーダイヤモンドの名前です。ピッツバーグの鉄鋼成金の息子であるキャルドン・ホックリー(ビリー・ゼイン)は、ルイ16世が最初に着用し、フランス革命後にハート型に再カットされたダイヤモンドを婚約者であるローズ・デウィット・ブケイター(ケイト・ウィンスレット)に贈ります。「碧洋のハート」の話は、ルイ14世が着用していたホープダイヤモンドまたは「ル ブルー ドゥ フランス」の話に基づいています。

この映画は、「碧洋のハート」ブームを巻き起こしました。すべての女性がそのようなネックレスを欲しがり、花嫁たちも自分の人生の最も美しい日にそれを身に着けました。それは、純粋な愛の象徴でした。今日、美しいレプリカが市場に流通しています。ブームは終わっても、このタイプのネックレスが女性の間でいちばん人気があることは変わりません。また、弊社では、ダイヤモンドとサファイアのハート型の美しい ダイヤモンドペンダント付きのネックレスその他を提供しています。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER