明らかだ思われるかもしれませんが、「エンゲージリング」と「ウェディングリング」という言葉は、二度に一度は混同されて同じ意味で使われています。どちらも女性の薬指に嵌める、最も重要なリングになりたがっています。 ダイヤモンドのエンゲージリングはこんど結婚することを告げ、両方のリングを着けていると、結婚後であり、女性はもはや“独身”ではないことを示します。以前はエンゲージリングだけがダイヤモンドや宝石で飾られていましたが、現在多くのカップルがダイヤモンド月のウェディングリングを選ぶようになっています。もちろん、混乱が生じるようです。

原則的には、エンゲージリングは最も人目を引きます。 多くの場合、人々は、(大きな)カットのブリリアントカットの付いた伝統的なリングを選ぶ傾向があります。これは、 ダイヤモンドソリテールのエンゲージリングと呼ばれます。時代を超越する優雅さは、いつもゲームの勝者です。この石により多くのダイヤモンドを並べると、美的にも魅力が増します。現在のところ、 カラーダイヤモンドや色のある宝石をセットしたエンゲージリングが大人気。ウェディングリングは通常、もっと控えめですが、ダイヤモンドをセットしたものもどんどん一般的になりつつあります。最近では、ジュエリーはもっと目立つかもしれません。また、カップルは、多くの場合、お互いに異なるウェディングリングを選択するようになり、二人のリレーションシップの中で自分のアイデンティティを保つことができるようになりました。にもかかわらず、いくつかの文化では、ウェディングリングはまだダイヤモンドや他の飾りを持たない、単純な貴金属バンドです。けれども、BAUNAT では、ブリリアントダイヤモンドがセットされた ウェディングリングを選ぶことをお勧めします。リングが人目を引くだけでなく、ダイヤモンドなら輝きを失うことはありません。

エンゲージリングとウェディングリングは、異なるタイミングで女性の指に嵌められます。 プロポーズは常に、ダイヤモンドのエンゲージリングを片手に行います。次に、結婚式でウェディングリングを交換します。結婚式では、お互いに永遠の忠誠を誓いします。時としてウェディングリングはエンゲージリングにマッチさせますが、ほとんどはウェディングリングとして独自の役目を果たします。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER