ウェディングリングが古代エジプトの時代から遡ることをご存じでしたか? ウェディングリングは貴金属ではなく、葦や麻の茎で作られました。おそらく、農家の少年が自分の愛する人の指に自作の指輪を嵌めた結果、生まれた伝統でしょうか。

リングが結婚の象徴となったのは、それほど不思議なことではありません。丸い形は永遠を象徴し、多くの文化においてリングは無限をも意味しました。古代エジプト人の場合、リングはまた、彼らの文化で崇拝された太陽を象徴していました。

ウェディングリングはこの時代から、現在の形に進化してきました。ローマ人はしばしばリングを鉄で作りました。彼らの結婚は、鉄と同じように強かったかもしれません。 19世紀以前には、女性だけがウェディングリングを着用し、人妻であることを示していました。以前、夫婦はウェディングリングをイエローゴールドかプラチナのペアを選んでいたのに対し、今や ユニークなモデルが増えています。新婦用だけでなく、新郎用にもダイヤモンドをセットすることがよくあります。弊社コレクションをご覧ください。私たちのコレクションで ウェディングリング完璧なセットが見つかるはずです。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER