ダイヤモンドは、世界で硬い宝石であることが知られています。その希少性とそこから生じる高価さのために、ダイヤモンドは「宝石の王様」とされ、王冠にも使われました。ダイヤモンドが権力を象徴するため使われていた過去とは対照的に、今日ではダイヤモンドは愛の象徴とされています。近代の神話は、恋する二人に先がダイヤモンドの矢を射るにキューピッドの話を伝えています。これが、永遠の愛と忠誠の証として、男性がダイヤモンドのエンゲージリングを手に恋人にプロポーズするようになった起源です。

ハートは愛とロマンスの象徴です。したがって、ハート型ダイヤモンドは、すべてのダイヤモンドシェイプの中でも最もロマンチックなものとみなされます。その形はほぼペアーのシェイプですが、一番上にノッチがあります。このダイヤモンドのシェイプは、ソリテールリングとしてそのままでも美しいのですが、他のジェムストーンと組み合わせることもできます。

ハート型のダイヤモンドのリングは、着ける方の好みに応じて、上向き、下向き、両方で着用することができます。伝統的には、男性はハート型のダイヤモンドエンゲージリングは選択しません。ハート型が特にロマンチックなことを考えると、皮肉なことです。それは、文字通り、比喩的にあなたの心を誰かに与えること。

BAUNAT では、 ダイヤモンドエンゲージリングを幅広く取り揃えております。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER