ジュエリーの異なるシェイプを見てみると、花はあらゆる時代でみんなのお気に入りです。この繊細なクリエーションは、何世紀にもわたってジュエリーデザイナーにインスピレーションを与え、つかの間の美を時代を超越したジュエリー作品へと永遠化させたのでした。花には深い象徴があるため、花のジュエリーは最愛の人に深い印象を残すのに最適です。世界中で、花言葉が使われています -  - 花でメッセージを伝えることができます。花束に使う花の種類、色と、それから花の量さえも、すべてが愛や喜び、嘆きなどの感情を表現し、特別なイベントや特別な日を強調するために相応しい方法で使うことができます。花言葉についてさらに説明し、花が持っている秘密のメッセージを解き明かしたいと思います。

  • バラ

赤いバラは愛の象徴です。白は純粋さ、美徳と無視美月を表します。ピンクのバラは、感謝とお礼のしるしです。一方、青いバラはやや特殊です。自然界には存在しないことから、謎や陰謀、不可能を象徴しています。

  • ユリ

白ユリは純潔と徳を表します。が、ダークブルーと栗茶色のミックスである「黒」ユリは、 初恋のひとに贈られます。黄色のユリは喜びを表現します。赤いユリは自然界には存在せず、情熱と欲望を意味します。

  • プルメリア

プルメリアの花は一年中咲き、自然がよみがえる新しい命の息吹である春の象徴。新たな始まりのセレブレーションです。

ブルー、ラベンダー、紫がかったピンクと白がある、心地よい芳香の花。微妙に感覚をくすぐりながらも、花自体に相応しく”謙虚”を意味します。

豊かで鮮やかな紫色の色から名づけられたスミレも、同様に”謙虚”を意味します。白いスミレは無垢を示します。

  • 花束

ビクトリア朝時代(1837-1901)には、友情の印として、ハーブや花のブーケである“チューシー・ミュージー”を友人同士が贈りました。ブーケの形のダイヤモンドジュエリーは、当時非常に人気のアイテムでした。

美しいピンクプルメリアの形をしたペンダントを選んでいるにしても、かわいいバラの形のイヤリングにしても、お花をオチーフにしたダイヤモンドジュエルをお探しなら、弊社サイトはピッタリの場所です。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER