世界のダイヤモンドは、大企業が所有する、または地方自治体と共同所有する少数の主要鉱山で生産されています。

世界で最も重要な鉱山のいくつかを、ここに紹介します。風景や環境面で、正反対の国にあるようです。

カナダ

2人の地質学者がカナダのノースウェスト準州地域でダイヤモンドを含むキンバーライト鉱脈の証拠を発見した1990年代初頭まで、人々は カナダ が潜在的なダイヤモンド産出国であるとは考えていませんでした。今日、カナダを宝石品質ダイヤモンドの世界で3番目に大きな生産国にしている、5つの主要なダイヤモンド鉱山があります。これらのうち最大の二つがエカティとダイアヴィクで、他にガウチョプロジェクト、ジェリチョとスナップ湖があります。

ロシア

ロシアは、カナダよりずっと早く、すでに1950年代にはダイヤモンド産出国であり、1970年代には世界第3位のダイヤモンド産出国へと急速に上昇しました。今日、ロシアは世界中のダイヤモンドの一大産出国です。ロシアのダイヤモンドについて言及する上で重要なことは、ダイヤモンドの大部分が小さく、一般に1カラット未満であり、カラットあたりの価値の点では重要ではありません。

アフリカ

南アフリカからナミビアまで、ダイヤモンドが主に沖積しているアフリカでは多くの鉱山が産出を行っています。ボツワナはダイヤモンドの大手産出国であり、ロシアよりも長くにわたって生産しています。ボツワナ鉱山は政府によって共同所有されているため、特に地方経済にとって極めて成功したプロジェクトとなっています。

オーストラリア

オーストラリアは1980年代にダイヤモンドの商業的な生産を開始し、急速に成長して大手産出国となりました。残念なことに、生産は急速に減少し、新しいサイトは見つかっていません。それにもかかわらず、オーストラリアはアーガイル鉱山で発見される、息をのむピンク色の、時には非常にまれな赤い色のダイヤモンドで有名です。それらは“プライベートなサイト”で販売されます。プライベートなサイトへは、排他的な招待状がなければ出入りできません。

ダイヤモンドが見つかると、主要な取引所やカッティングセンターへの“旅”が始まります。販売され、カットされ、ポリッシュを施され、完成商品として再び市場で最終的に販売されます。

これが、アントワープダイヤモンドダイヤモンド地区の中心であり、何世紀にもわたって主要な取引センターであり続ける理由です。

アントワープ ダイヤモンド にご興味があれば、 BAUNAT は自信をもって他にないダイヤモンドをご用意しており、たぐいまれなサービス をご提供していることから、あなたにとって アントワープ ダイヤモンド を購入する最適な機会であることを納得いただけることでしょう。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER