ダイヤモンドはどこで見つかりました?

歴史家たち は、インドで最初のダイヤモンドの貿易があったとされている、紀元前4世紀にまで遡ることができるとしています。

インドは 沖積層 ダイヤモンドの国であり、つまり、ダイヤモンドは岩石から侵食されて運ばれ、河川や河川で発見されています。

生産量が限られていたため、ダイヤモンドはもともとインドの非常に裕福な層しか利用できませんでした。けれど、開発された商業ルートが増えたことで、これらのダイヤモンドは西ヨーロッパにまで及び、他のエキゾチックな商品とともに、1400年代までに急速にヨーロッパのお気に入りアクセサリーになりました。

しかし、1700年代までにインドのダイヤモンド供給はかなり減少し始めました。ブラジルが代替源として浮上し始めたのは、このときです。そこでも、ダイヤモンドはほとんど沖積層のダイヤモンドで、地元の川で金泥をすすいでいた金鉱夫が最初のダイヤモンドを発見しました。それに続く150年間、ブラジルは世界のダイヤモンド市場を支配しました。

ダイヤモンド需要の増加と他の鉱床の発見

時間が経つにつれ、人口の増加に伴いダイヤモンドの需要は増加しました。

1800年代後半に、探検家が南アフリカのキンバリーに最初のダイヤモンド鉱床を発見したのはこのときです。私たちがもっとよく知っているダイヤモンドの物語は、ここから始まります。

一人の男 - セシル・ローズがすべてを変えました。彼は1888年にデビアス・コンソリデーテッド・マインズ社を設立し、ダイヤモンドの採掘方法を変えました。実際、1900年代までに、デビアスは世界のダイヤモンド市場に出回る約95%を生産していました。

今までに発見された最大のダイヤモンドは、1903年にカリナン鉱山から出てきたカリナンダイヤモンドで、3106カラットの重量でした。

アントワープのダイヤモンド

1970年代には、南アフリカ、旧ソ連、コンゴ民主共和国の3大ダイヤモンド原石生産者が誕生しました。

その後、1982年にボツワナが、続いて1985年にはオーストラリアが台頭し、2000年にはカナダ北部で鉱床が発見されました。

1400年代初頭から何世紀にもわたり、アントワープ市はダイヤモンド取引の中心地であり続けています。アントワープのダイヤモンド は、本質的にこの都市のDNAの一部です。人々がアントワープを訪れる際とダイヤモンド地区の中心を訪れるガイドツアーまであり、ダイヤモンドについて詳しく知ることができます。

アントワープのダイヤモンド は世界中から集められ、荒い石や磨かれた石として街を通過し、さまざまな国の異なる市場でそのルートを歩み続けます。

BAUNAT はアントワープの ダイヤモンド地区の中心にあり、ダイヤモンドに関するあらゆるご質問に答えることができます。BAUNAT ではあらゆる種類のダイヤモンドを幅広くご用意しておりますので、他にないジュエリーやダイヤモンドを購入なさる場合は、弊社までお気軽に お問い合わせ ください。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER