ベルギー北部の中央駅の近くに位置するアントワープのダイヤモンド地区は、素晴らしいダイヤモンドジュエリーを購入するための場所。この道のプロは、Rijsftraat、Hoveniersstraat、Schupstraat の通りに集中しています。Vestingstraat と Lange Herentalsestraat に、この貴重な石の業界で働くジュエラーが集中しています。

ダイヤモンドの首都とみなされるアントワープですが、中世にはブルッヘが世界有数のダイヤモンドセンターであったため、常に覇権を握っていたわけではありませんでした。このフランダースの都市は、15世紀後半に開発が始まりました。

アントワープはブルッヘをどのように追い越したのですか?

ダイヤモンドの切断と研磨の技術は、中世にブルッヘで生まれました。この西部フランダースの都市は、アントワープにその任務を譲る前、何十年もの間世界のダイヤモンドセンターとみなされていました。

ブルッヘのダイヤモンド産業は、ズウィンの港が埋まり、またバスコ・ダ・ガマンによりリスボンとアントワープを結ぶ新たな貿易ルートの発見後、衰退し始めました。

16世紀の半ばまでに、アントワープは世界貿易の40%以上を抱える輸送場所となっていましたが、1585年にファルネーゼ公爵によって攻撃され、略奪されました。19世紀半ば、南アフリカでダイヤモンドが発見され、スヘルデ川の規制が解除された後、再びダイヤモンドの首都になりました。

産業革命は、石の切断と研磨をはるかに容易にした電気機器の登場により、街の発展を大きく促進しました。

アントワープのダイヤモンド市場

アントワープのダイヤモンド は南アフリカ、カナダ、オーストラリアなどさまざまな国から集まって来ますが、我がアントワープのダイヤモンドは、世界のどこよりも優れた品質と価格で、より多くのダイヤモンド愛好家に望まれています。

この石が極端に希少なものであれば、ベルギーで真のファッション現象となります。世界中で採掘されたダイヤモンド原石の80%が、アントワープのダイヤモンド市場を通過します。

この都市には、ダイヤモンド市場に直接的または間接的に参画する約1.500社の企業があります。ダイヤモンド地区には、1,000名のカッター・ポリッシャー、主要な宝石学研究所、数十人の宝石業者があります。約1km²のこの地区内で、ダイヤモンドやジュエリーを購入、カット、分析することができるのです。

ダイヤモンド取引の中心であるアントワープ

この都市には、世界中のダイヤモンドの70%が売られている地区があります。アントワープは、1,500のダイヤモンド・ディーラーと4つのダイヤモンド取引所を持ち、取引とダイヤモンドカットの世界では第1位を占める土地です。2007年には、1億3400万カラットの未処理ダイヤモンドの供給記録が達成されました。

アントワープの名声は、15世紀にさかのぼります。同都市はアジアから商品を輸入していました。宝石はベニスからブルッヘに送られ、そこでカットされて市場に出されました。ブルッヘ港が徐々に埋まり、船の到着が困難になったことから、アントワープで取引を行わなければならなくなりました。

アントワープでダイヤモンドを購入するのは、ありきたりで普通のことです。ダイヤモンドについては、BAUNAT の ショールーム ご来店をご予約いただけます。

ダイヤモンド地区

ダイヤモンド地区は約1km²をカバーし、世界中のバイヤーと売り手が集中しています。アントワープではダイヤモンドが数多く売買されているため、ダイヤモンド産業の中心地として認められています。ダイヤモンド原石は、切削を行うダイヤモンド・トレーダーに売却されます。切り取られた石はすぐに、アントワープのジュエラーにより市場に出されます。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER