合成ダイヤモンドとは何ですか?

合成ダイヤモンドとは、技術的なプロセスを通じて人によって実験所でのみ作られるダイヤモンドのことです。天然ダイヤモンドのように、何千年もの地質学的プロセスの結果物ではありません。BAUNAT では、天然ダイヤモンドの気持ちの上での価値も財務上価値もはるかに高いことを尊重し、ご依頼があっても合成ダイヤモンドを提供することは行っていません。

合成ダイヤモンドは、天然ダイヤモンドと本質的に同じ結晶構造、化学組成および光学的・物理的性質を有します。このため、天然ダイヤモンドとの区別が非常に難しいのです。これは、アントワープのダイヤモンド地区を含め、取引の際に経験されている重大な問題の一部です。ダイヤモンドが合成されていることは必ずしも告げられないためです。したがって、評判の良い研究所の証明書を要求するか、信頼できるソースから購入することが常に重要です。

合成ダイヤモンドを作るために使われるどのプロセスとは?

ほとんどの人工ダイヤモンドは、次の2つの技術的プロセスに従って製造された人造品です。
 

  • HPHT - 高圧高温: この方法では、自然のプロセスと同様に、プレス機を使用してダイヤモンドが生成するのに適切な量の圧力と温度を供給します。「ダイヤモンドシード」がプレス機の底に置かれます。その後、溶媒金属が溶融されてプロセスが開始すると高純度の炭素が溶解し、その後シードに移動して析出し、大粒の合成ダイヤモンドが形成されます。
  • CVD - 化学気相成長:これは、合成ダイヤモンドを炭化水素ガス混合物から形成する、上とはまったく異なる方法です。この方法にはかなりの柔軟性があり、よりシンプルなことから実験所でますます普及してきています。このタイプの生成は、基板準備、つまりチャンバーに異なる量のガスを供給し、それに通電して行います。
     

市場に出まわっている合成ダイヤモンド

本質的に産業目的で作られた合成ダイヤモンドは、小売市場でますます人気が高まっています。これにはいくつかの理由があります:ひとつは倫理的な問題です。「ブラッドダイヤモンド」と倫理的サプライチェーンと私たちが呼ぶ問題です。セレブたちでさえ、倫理を心配している「ミレニアル」の若い人たちに、よりよい選択肢として合成ダイヤモンドを推奨してきています。次に希少性の問題があり、ダイヤモンドはまれであり、世界の供給は永遠に続くことはありません。結局のところ、人工ダイヤモンドは同じサイズの天然ダイヤモンドより平均30〜40%安いので、石を大きくするために合成ダイヤモンドを選んでみてはどうでしょうか?

ダイヤモンドは、アントワープの ダイヤモンド 地区を含め、長い年月をかけて市場に進出してきました。ダイヤモンド商人や小売業者は、アントワープの ダイヤモンド 地区だけでなく世界中で、合成ダイヤモンドを取り扱っているかどうか、ますます頻繁に尋ねられるようになってきています。顧客が興味を持っていることから、一部のトレーダーは扱い商品を拡大して在庫に入れて取り扱っています。

BAUNAT では、天然ダイヤモンド を信頼しており、これを証明する適切な研究所の証明書とともに天然ダイヤモンドのみを販売しています。BAUNAT では、倫理的なサプライチェーンを強く支持し、キンバリープロセス のルールを遵守しています。

Share on:
SARA SIX