ダイヤモンドとダイヤモンドジュエリーを購入する人、またはダイヤモンド愛好家なら、キンバリー・プロセス証明制度についてご存じでしょう。政府、ダイヤモンド産業、非政府組織によるイニシアチブであり、紛争ダイヤモンドが販売され、その利益が合法政府に対する戦争反乱運動の資金調達に使われることを防ぐためのものです。

ところで、紛争ダイヤモンドとはなんでしょうか? ブラッドダイヤモンド(血塗られたダイヤモンド)は、通常、強要された男性、女性、子供たちによって、採掘されます。これらのダイヤモンドは、軍事作戦や反乱運動による武器の購入に資金提供するために、隠れた取引や違法取引ネットワークを通じて販売されます。これらの恐ろしい慣行と悲惨な暴力のニュースが外界に知らされたとき、西洋諸国ははっきりと、血塗られたダイヤモンドを廃止し、人権を守ることを約束しました。

現時点では、KPC(キンバリー・プロセス証明)51には、世界のダイヤモンド原石取引の99.80%を占める、欧州連合(EU)を含む77カ国からの代表者が集っています。KPCSは、紛争に無関係のダイヤモンドだけが市場に出廻ることを確実にするため、メンバーに厳しい規制を課しています。これらのダイヤモンドはKP証明書を受け取り、クリーンな出自が保たれています。鉱山から輸入/輸入される瞬間まで、追跡調査することができます。さらに、KPCSは新しい仕事を生み出し、奴隷制度を妥当な対価を支払う仕事に変えさせました。これはこの団体の活動の、重要な側面です。しかし、システムは完全ではなく、血塗られたダイヤモンドは時々、紛れて国際市場に到着します。BAUNAT では、どう調べられても恥ずかしくない、“ルーペクリーン”な良心を持ち、清廉で紛争のないダイヤモンドのみを作っています。なぜなら、小さな一歩一歩が違いを生み出すからです。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER