婚約と結婚式には、伝統、儀式のルール、あらゆる種類のルールがいっぱいです。けれど不思議なことに、エンゲージリングにどれくらい費やすかを決めるルールはありません。

給料の2カ月分?

エンゲージリングは、かなり最近の現象であるため、ほとんど伝統というものはありません。起源は、みなさんが思っているほどロマンチックではありません。エンゲージリングは、何世紀にもわたってエリートにとってさえ珍しい贈り物でした。恋する将来の夫が、全員 跪いてボックスを開いてリングを奉げるものだという考えは、ダイヤモンドを扱うカルテルであるDe Beersのマーケティング担当者によって30代に構想されたに過ぎません。彼らはまったく新しい市場を生み出したのです。デ・ビアスのアドバイス:エンゲージリングには、ダイヤモンドがなければならず、給料1カ月分の価格となります。彼らのビジョンは成功しました。80年頃、世界中の男性がダイヤモンド販売所に行くようになりました。それは、デ・ビアスが価格を大幅に引き上げるシグナルとなりました。彼らの広告のタイトル:「2カ月間の給料は、未来の新婚さんたちに未来の像を見せました」

イギリス人 vs. アメリカ人 vs. 日本人

このマーケティングキャンペーンも成功しましたか? 昨今では、エンゲージリングにどれくらい払わなければならないでしょう? イギリスの保険会社、リバプール・ビクトリアは、最近、数百件の申し込みを調べたところ、エンゲージリングの平均価格は1500ユーロでした。これはほとんどの場合、私たちの3週間分の給料に相当します。アメリカ人のほうが奮発しています。コンサルタント会社のベイン&カンパニーによると、恋をしているアメリカ人はイギリス人の2倍払っています。日本人はどう?Engage Trendの記事によると、全国の婚約指輪の平均価格は35.4万円です。つまり、給料1ヶ月分くらいです。

けれど、それらの硬い数字の背後には、はるかに柔らかい事実があります。エンゲージリングは非常に特殊な投資として見ることができます。ユーロで表現できる投資ではありません。それは愛への投資です。愛に値段を付けてみてください...

Share on:
SARA SIX