何世紀もの間、結婚式の前には男女は婚約期間を設けるのが一般的でした。この婚約は、他でもないプロポーズから始まります。その瞬間がどれくらい魅力的になるかは、完全にその男性の想像力によります。やりすぎるくらい演出過多なひともいる一方、冷静に行うひともいます。が、男性がダイヤモンド エンゲージリング を片手に跪くことに変わりはありません。「ボクと結婚してください」。ところで、なぜ男性は跪くのでしょう? まあ、これについていくつか論理的な説明があります。

以前には...

結局のところ、求婚はさほどロマンチックではありませんでした。女性にはほとんど権利というものがなく、しばしば男性の財産とみなされました。結婚は商取引とみなされていたのです。幸いなことに、時代は変わりました。女性にプロポーズする際には、ますますロマンチックな新しい方法が取られるようになっています。前世紀初頭以来、男性は愛と忠実の証として、愛する人の 薬指 にダイヤモンドのエンゲージリングを嵌めて与えるようになりました。これは、私たちが現在知っている プロポーズ につながっています。エンゲージリングを片手に跪くのです。

ひざまずいて

恋人にプロポーズしながら跪くとき、あなたは尊敬、名誉、完全な忠誠を示しているのです。ピュアなロマンスです! また、実際的です:恋人の手と同じ高さになりますから。さらに、ダイヤモンドは  をはるかによく反射しますが、同じ目線で彼女はエンゲージリングをよりよく見ることができます。

女性は今日でも自分の恋人が跪くことを期待しており、実際の場になると嬉しく思いますが、これを行うひとはどんどん減ってきています。プロポーズはよりクリエイティブになってきており、ときには跪くことが難しい場合もあります。バンジージャンプ中、またはパラシュートジャンプ中のプロポーズを想像してみてください。どんなにそうしたくても、跪くのはかなり難しいです。

最終的には、恋人にプロポーズする方法は完全にあなた次第です。完璧なダイヤモンドを エンゲージリング をお探しなら、BAUNAT がお手伝いいたします。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER