アンティークカットは、ダイヤモンドのためにデザインされた最初のカットであり、ダイヤモンドのあらゆる美しい特徴を完璧に見せるために研究された今日のカットとは非常に異なっています。が、これは当時を偲ばせる、ユニークな カット です。

今日主流である、美しいファイヤー、輝きとシンチレーションを示す58個のファセットの標準的なラウンドブリリアントと比較して、古いカットは輝いて見えないため、古いカットの ダイヤモンドの価格 は、かなり低くなっています。

それにもかかわらず、デザインにロマンチックでアンティークな輝きを与えることから、再び流行の兆しを見せています。

それぞれの古いカットとクリエイトされたときの詳細については、以下の説明を参照してください。
 

  • シングルカット:最初のカットのひとつであるシングルカットは、1300年代にまで遡ります。ファセットは18しかなく、テーブルが非常に大きくなっています。8角形のガードルも特徴です。
     
  • ローズカット:1500年代にクリエイトされたローズカットは、ドーム型のファセットが付いたフラットな底部を持ち、薔薇の蕾の形に似ています。ファセットはわずか3つから、最大で24。そのシェイプのため、ジョージ王朝・ビクトリア朝の時代を通じて人気がありました。
     
  • オールド・マイン・カット:オールド・マインは1700年代までさかのぼり、コーナーがやや丸みを帯びたガードルを特徴とするため、今日のクッションカットに近い物があります。クラウンが非常に高く、テーブルは小さく、通常は大きなフラットキュレットとなっています。
     
  • オールド・ヨーロピアン・カット:オールド・ヨーロピアン・カットはテーブルは小さくクラウンは高くカットされ、オールド・マインに似ていますが、丸みを帯びたガードルが特徴で、ファセットは58あり、今日知られているラウンドブリリアントカットの先駆けとなるものです。1800年代にデザインされ、ビクトリア朝、エドワード王朝、さらにはアールヌーボーの時代に流行りました。
     

これらのデザインは実に当時を偲ばせるため、ロマンチックなあなたにぴったりです。その上、これらの特定のカットのためのダイヤモンド価格は、かなり低いため、これをパスする理由はありません!

BAUNAT では、優れたダイヤモンド価格で、お好みの古いダイヤモンドをセットしたあなただけのリングをクリエイトするお手伝いを承る、デザイナーの素晴らしいチームを擁しています。このリングはすべて、アントワープでデザイン、制作され、プロセスの各ステップをフォローすることができます。

Share on: