伝統的に、人々は ブリリアントカット または プリンセスカットの、現在最も人気のある2つのカットにセットしたソリテールリングを選びます。アッシャーカットを考えてみる人はほとんどいません。それにもかかわらず、アッシャーカットは非常に豪華なダイヤモンドシェイプであり、ある種の贅沢を滲ませます。

この特定のダイヤモンドシェイプに、スポットライトを当てる時間です:

歴史

アッシャーカットダイヤモンドは、オランダの(ダイヤモンド一族である)アッシャー家の一員で、世界最大のダイヤモンド原石(カリナン、3.106カラット)の研磨で有名だったジョセフ・アッシャーにより、1902年に初めてデザインされました。このダイヤモンドシェイプは1920年代に非常に人気があり、当時のアールデコ調に完璧に馴染んでいました。当時、多くの女性は、アッシャーカットダイヤモンドを使った ソリテールング を好んでいました。最初のアッシャーカットダイヤモンドが研磨されてから100年後に、このダイヤモンドシェイプは復活し始め、さらに輝きを増すために行われた2、3の調整によって、ますます人気に拍車がかかりました。

シェイプ

アッシャーカットダイヤモンドは、ソリテールリングに最適です。この石のユニークな特徴は、すぐに人目を惹きます。現在のヴィンテージジュエルに対する需要の高まりが、このアンティークカットの再人気の理由の1つ。クラシックなアッシャーカットは正方形ですが、角が丸くなっています。現代版も、ほぼ完全に同じです。ファセットはもう少し長くなり、石にさらなる輝きを与えます。そして、それは、特にソリテールリングにセットされている場合、その輝きこそがこのカットの現在の人気再燃の理由です。これは驚くべきことではありません。アッシャーカットダイヤモンドは時代を超越しており、華麗で、現代の精神に完全にマッチしています。それは間違いなく、すべての人の注意をあなたに惹きつけるダイヤモンドシェイプです。

アッシャーカットダイヤモンドをセットしたソリテールリングは、エンゲージリングとして素敵でオリジナルです。あなたがどのダイヤモンドシェイプをお好みでも、BAUNAT にはダイヤモンドリングの豊富なコレクションがあります。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER