無色のダイヤモンドの品質を定義するために使用する4C(カラット、カラー、クラリティとカット)のことは、いったん忘れてください。カラーダイヤモンドは、その色の強さに基づいた分類システムで評価されます。自然色のダイヤモンドは、ファンシーカラーダイヤモンドとして知られて、非常に希少です。黄色、茶色、または緑色からピンク色、青色まで想像できるあらゆる 色 があります。

伝統的な無色のダイヤモンドソリテール以外のものをお探しなら、カラーダイヤモンドがお気に入るでしょう。カラーダイヤモンドは、人気急上昇中。カラーダイヤモンドを評価するとき、その価値値を決定するのは色の強さです。カラーダイヤモンドのカットは、異なる考え方でされています。カッターは、完成品の石の色の強さを最大にしようとします。クラリティはそれほど重要ではありません。彩度の低いあまり色の濃くないダイヤモンドは、価値が低くなります。色の深さと強さに応じて、ダイヤモンドの価値は上がります。きれいなカラーのダイヤモンドはかなり高価であり、通常それなり以上の価格となります。もちろん、あなたはご自分の夢の女性を悦ばせるための費用を惜しんだりしないでしょうけれど。その気持ちこそ、一緒に生きる”永遠”の完璧なスタートとなるはずです。ピンクダイヤモンドのエンゲージリング がいちばん人気で、僅差で イエローダイヤモンド続きます。原則として、ファンシーカラーダイヤモンドはあなたの未来を有意義なものにしてくれることでしょう。

カラーダイヤモンドを評価するために、GIAは GIA カラーダイヤモンドグレーディングシステム を開発しました。これはカラーダイヤモンドの色相、色合いと彩度を定量化するものです。色相は、赤、緑、青または黄色を定義しています。トーンは、色の明暗を定義します。そして最終的に、彩度は色の濃さ、すなわちかすかな色、濃い色、鮮やかな色などを決定します。合計約27色の色合いがあり、これらはしばしばオレンジイエローやパープルピンクといった2色以上の色の組み合わせとなっています。トーンと彩度は、ファンシーライト、ファンシーインテンス、ファンシービビッド、ファンシーダークとファンシーディープで表わします。

BAUNAT では、カラーダイヤモンドをセットした完璧なダイヤモンド エンゲージリングをお探しのあなたを、喜んでお手伝いします。幅広い高品質ダイヤモンドから選択された品で、あらゆる予算に対応します。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER