ダイヤモンドは、純粋さと永遠を象徴する石です。それは、エンゲージリングや印章リングを作るときによく使用され、宝石愛好家が最も望む石の一つです。

ホワイトゴールドとダイヤモンド

ホワイトゴールドは、その優れた色彩を通じて、エレガンスと落ち着きを反映する合金で、シルバーを思い起こさせます。ホワイトゴールドは、1920年代に初めて使用されました。このプラチナの代用品は、ロジウムの層で覆われています。ロジウムが輝きを与える金属です。

ホワイトゴールドはカラーの石(アメジスト、トパーズ、トルマリンなど)を昇華させますが、ダイヤモンドには完全に適合するタイプの金属です。これは、ソリテールリングやアライアンスのデザインに使用することができます。

ダイヤモンドをセットするホワイトゴールドのリングの選択方法は?

まずは、リングの「終着駅」を定義します。もしそれがエンゲージメントになることを運命づけられたなら、理想的な選択は、大きなダイヤモンド付きのホワイトゴールドリング となるでしょう。

中央のダイヤモンドには他の色石(貴石または半貴石)が付いていてもいいのですが、エレガンスを強調することが重要です。まったくのところ、いくつかの石は金(純粋さ)とダイヤモンド(永遠の愛)の間のすばらしい落ち着きのミックスを変えることができます。

ウェディングリングの場合、ダイヤモンドのレールを持つリングを選択するのが最善です。ジュエリーにイニシャルを刻印し、結婚を不滅にすることができます。

ホワイトゴールドは、金属の合金であることに注意してください。したがって、イエローゴールドよりも脆く、ロジウムの減衰を防ぐために定期的なメンテナンスが必要です。ジュエリーの寿命を伸ばすために、18Kゴールドを選択することを強くお奨めします。

3グラムを超える場合には、ホワイトゴールドのリングには2つのホールマークが付けられていなければなりません。1つはその組成を保証するもので、もう1つはジュエリーを作ったプロの識別を示します。

ホワイトゴールドとダイヤモンドのエンゲージリング

 エンゲージリング は愛の象徴であり、結婚の約束を象徴します。リングの選択のためのルールというものは確立されていませんが、特定の基準に基づいています。一般的に、リングは純粋と気持ちの誠実さ、そして関係の安定性の象徴であるダイヤモンドをセットします。

未来の新郎は、ダイヤモンド付きのホワイトゴールドのリングを選び、婚約への積極的な気持ちを表明します。貴石の高い価格は、彼の彼女に対する愛の大切さを象徴しています。審美的には、ホワイトゴールドはダイヤモンドの輝きを強調します。

ホワイトゴールドとダイヤモンドの微妙な組み合わせは、エレガンスと落ち着きを思わせます。純粋なイエローゴールド黄金よりもはるかに高価で、非常に美しいものです。ロジウムで合金化されたホワイトゴールドを選択することをお奨めします。プラチナを使用すると、リングに傷がつくのを防ぎます。

ホワイトゴールドとダイヤモンド、良質な品を選ぶ方法は?

ホワイトゴールドは、イエローゴールド75%と銀、ニッケル、亜鉛25%の合金です。実際、それは完全な白色ではなくわずかに黄みがかっています。

 ホワイトゴールドとダイヤモンド のリングを選択する場合には、ダイヤモンドの価値と品質を判断するための4つの基準を検討することをお奨めします。いわゆる カット、カラット、クラリティとカラーの4Cです。石の重さが0.4カラット以上の場合は、リングに添付される証明書にこれら基準に対する観察が記載されている品をお勧めします。

ダイヤモンドのカラーは、DからZまでの文字で表され、Dが最高です。Dが最も無色で、より高い価格で提供されます。

純度はIFで表されます。10倍の拡大顕微鏡下で欠陥が見られない場合、ダイヤモンドは純度が完全であると言われます。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER