今日、エンゲージリングを片手に求婚することは、西洋では当たり前の伝統であり、世界中でどんどん一般的になってきています。ソリテールダイヤモンドリングは、純粋で、無垢で無限の、花嫁と花婿の愛情を映すものです。でも、この習慣はどこから来たのでしょう?

エンゲージリングの起源

最初の エンゲージリング は、ローマ時代のものです。 紀元前2世紀には、結婚した女性が2本のリングを受け取りました。1個はゴールドで人前で着用し、もう1個は鉄で自宅で着用したものです。左の薬指に指輪をつける習慣は、古代エジプトから来たものです。

ハプスブルクのマクシミリアン大公が未来の妻、マリー・ド・ブルゴーニュ(Marie de Bourgogne)にリングを贈った1477年以来、ダイヤモンドリングを贈ることが人気となりました。当初、この習慣は、豊かな人々だけのものでましたが、1866年に南アフリカで起こったイヤモンド産業の活況を呈するダ結果、それは徐々に民衆に広まりました。米国で活動する南アフリカのダイヤモンド会社が率いるキャンペーンのおかげで、この習慣はますます普及しました。

20世紀の間、この習慣は国によって違いはありますが、エンゲージリングは世界の人々の日々の習慣の中でますます目に着くようになりました。夫と妻が一緒にリングを購入する国もあれば、サプライズで渡す国もあります。

エンゲージリングの意義

古代エジプトでは、エンゲージリングが左の薬指に着用され、これは、女性の心臓がこのリングを与えた人のものであることを意味しました。これは、心臓に直接つながっている静脈がこの指を通して流れているという考えから生まれたものです。

連続性と強さを象徴するソリッドな材料であるため、最初は金属とスチールを使用してエンゲージリングは制作されました。今日では最も貴重なことから、金とプラチナがより多く使われます。

ダイヤモンドは永遠で、花嫁と花婿の間の愛を反映するのに理想的だと言います。ソリテールダイヤモンドリングは、恋人の間の永遠かつ不滅の結びつきを象徴します。宗教的な観点から、それは純潔を象徴し、結婚まで「純粋」であることを奨励しています。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER