セシル・ローズがどのように新しいビジネスモデルを生み出したか

南アフリカ(SA)ダイヤモンド・ラッシュが起こっていると聞き、事業を行うためにかの地を訪れたのは、英国人、セシル・ローズ(Cecil Rhodes)でした。

彼は、鉱夫に水ポンプを借すビジネスから始めました。しかし、裕福な実業家だったセシル・ローズは、すぐにこのチャンスをありありと認識し、ダイヤモンドが採れるフィールドを数多く購入し始めました。

de Beer という名前の2人の兄弟が所有していたフィールドから名を取り、彼は De Beers 鉱業会社を創設することを決めました。

事実、ダイヤモンド鉱業では、力を合わせてインフラを共有するのが一般的な傾向でした。 特に、ほとんどの請求権者が小規模であるときには。セシル・ローズは、こうやって短期間で南アフリカのダイヤモンド鉱山を事実上すべて所有し、南アフリカのダイヤモンドの生産と流通のすべてを独占するに至りました。

ダイヤモンドの価格とデビアスの役割

セシル・ローデスはパイオニアであり、1902年に死亡した時点で、デビアスは世界の生産量の95%を所有していました。しかし、私たちが知っているように、帝国の背後にいた男は、アーネスト・オッペンハイマー、そして後には彼の後継者でした。

ダイヤモンドの価格 と在庫を管理するために、デビアスは「ダイヤモンドシンジケート」を通じて流通経路を作りました。このダイヤモンドシンジケートは、ダイヤモンドの価格 を高く維持するように希少性を生み出さなければならないと考えました。

デビアスはオッペンハイマーを通じてバイヤーとサプライヤーとの特別契約を締結し、デビアス以外とのダイヤモンド取引を禁止しました。デビアスは子会社を通じてダイヤモンドを購入し、市場に1年間で出回るダイヤモンドの量とその価格を決定することを望みました。これは何十年もの間続いてきました。

デビアスはまた、ダイヤモンドマーケティングのコンセプトを創造した会社であり、その最も有名なキャンペーンである「ダイヤモンドは永遠の輝き」は、実際に彼らの公式なモットーとなりました。

オッペンハイマー家の目的は、アメリカでダイヤモンドを売ることでした。このキャンペーンとダイヤモンドと愛を関連付けることを通じて、彼らは1940年代後半にダイヤモンドとエンゲージリングの販売を大幅に伸ばしました。

旧ソ連やボツワナなどの新しい供給源が発見されると、デビアスは提携を結び、ダイヤモンドを「単一経路」で流通させるために、出回っているすべての在庫を購入しようとしました。

しかし、最近では、大規模な生産のある国々はこの経路制度への協力を拒否し、デビアスは戦略をシフトせざるを得ませんでした。デビアスはもはや、ダイヤモンド価格 のコントロールはできなくなっています。

そして今日。独自のダイヤモンドブランドと小売販売を推進することに焦点を当てています。

ダイヤモンド と ダイヤモンドの 価格 についてのご質問や、素敵なジュエリーをお買い上げの際には、BAUNAT までお気軽に お問い合わせ ください。 アントワープ のダイヤモンド地区の中心に位置し、美しいダイヤモンドとジュエリーを幅広くご提供しています。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER