モデルとセッティングが、ダイヤモンドソリテールリングを選択する際に考慮すべき2つの要素です。これらはリングのデザインに強い影響力を発揮し、将来の新郎の愛を象徴するダイヤモンドに価値を与えるのです。

モデル

リングを選ぶときは、金属とモデルのスタイルが重要になります。将来の花嫁の好みを考えて、新郎には プラチナかホワイトゴールド、イエローゴールド、ピンクゴールドとブラックゴールド といった選択肢があります。

モデル は、クラッシックなデザインにも、より複雑なデザインにもすることができます。場合によっては、トリロジーのリングを選ぶこともできます。このスタイルは、過去、現在、そして未来を象徴する3つのダイヤモンドを持ち、クラシックソリテールリングとは異なります。

トワエモア モデルのデザインは、二つのダイヤモンドに適しています。トリロジーのデザインとは対照的に、トワエモアは二人の魂の結び付きを象徴します。

ソリテールリングの中には、中央ダイヤモンドを小さなダイヤモンドや異なる種類の石で囲むことができるものもあります。このタイプのモデルは、「ハローリング」と呼ばれます。

セッティング

セッティングとは、リングにおけるダイヤモンドの配置のことです。たくさんのセッティングから選択できます。シャトンセッティング、テンションセッティング、レイルセッティング、ベゼルセッティング、チャンネルセッティング、パヴェセッティング、“大聖堂”のセッティングやクラスタのセッティングなどです。

シャトンセッティングは、ソリテールリングの最も一般的なセッティングです。このセッティングは、中央のダイヤモンドの価値を強調し、その煌めきを強調します。

もう一つのオリジナルのセッティングであるテンション(張力)セッティングでは、ダイヤモンドが圧縮ばねでリングの両側から固定されます。このセッティングでは、完璧なダイヤモンドが光にさらされ、花嫁の手とあいまってきれいに見えます。

ベゼルのセッティングは、エンゲージリングを嵌めたまた家事をする傾向がある女性にピッタリです。このタイプに言えるのは、ダイヤモンドがずっと継続してサポートされるセッティングであるということ。この方法では、テンションセッティングよりもダイヤモンドの保護が優れています。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER