ダイヤモンドは世界で最も硬く、最も強い石であると考えられ、主に炭素でできています。その希少性と美しさにより、プレステージが生じています。いちばん有名なダイヤモンドには、45カラットのホープ・ダイヤモンド、神秘的なコ・イ・ヌール・ダイヤモンドや、546 カラットのゴールデン・ジュビリーがあります。

  • 起源

ダイヤモンドの形成は、地球が誕生した段階、つまり45億年前にさかのぼります。火山噴火によって発見されたダイヤモンドは、キンバーライト鉱床に収まり、そこで改変され、その後、川によって分散されます。

ダイヤモンドの使用は古代にまでさかのぼり、瑠璃や紅玉髄のような宝石を切り取る道具として使われました。ギリシャ人は、ダイヤモンドは地球に落ちた星の裂け目から生じたと考えました。

  • 特性

ダイヤモンドは地球上で最も耐性の強い鉱物であることが知られており、宝石の硬度を測定するモーススケールで10の硬さを持ちます。また、最高の熱伝導体でもあります。

ダイヤモンドは、このレベルの光と輝きを反射する世界で唯一の鉱物です。ダイヤモンドは、入射光の元の方向に最大100%戻ることができます。

その価値は、サイズ、カラー、クラリティ、重量と、特にその希少性によって決まります。この最後の点は重要です。なぜなら、同じ岩石から大量のダイヤモンドを取り出すことは非常に難しいからです。重量は、その価値を判断する重要な基準です。2カラットの石は、1カラットの石2個よりも価値があります。

  • 用途ダイヤモンドは、

ダイヤモンドは、 ジュエリーや贅沢なデザイン 、つまり腕時計、 イヤリングリングなどで最も使用されるミネラルの1つです。ダイヤモンドはまた、自動車産業やIT産業でも使用されています。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER