ダイヤモンドのリングは通常、クラシックな外観をしていますが、もう少し贅沢にしたい方は、色付きの宝石を加えることができます。色付きのアクセントは楽しく、リングに個人的なタッチを与えます。宝石を選ぶ場合は、ルビー、サファイア、エメラルドをお勧めします。これらは無色のダイヤモンドと組み合わせると、非常に映えます。

ルビー

すべての色付きの宝石のうち、ルビーはカラットあたりの価格が最高です。色は、赤から紫まであります。これは、コランダムという、無色の鉱物の一種です。クロムを追加すると、典型的な赤色になります。最高のルビーは、ビルマのルビーとして知られるモゴク地方(ミャンマー)で採掘されました。これらは蛍光を発するように見え、これが色の強度に寄与し、それにより 非常に高価 なものです。これらは純粋な形態の天然ルビーですが、現在市場には多くの合成のバリエーションが出回っています。

何世紀もの間、ルビーはその美しい赤色から愛と情熱の象徴でした。さらに、純粋な贅沢を伝えます。ダイヤモンドと豪華なルビーを使用したイエローゴールドリングは、非常にクラシックですが、非常に豪華です。

サファイア

サファイアもコランダムの一種ですが、鉄とチタンの組み合わせから青色が生じています。カンボジア、タイ、オーストラリアなど玄武岩の豊富な地域産のサファイアは、色が暗く、従って価値が低いのです。最高のサファイアは、カシミールの(玄武岩ではない)パキスタン地方のものです。それらのコーンフラワーブルーの色と小さなインクルージョンが、石に柔らかい光沢を与えます。かなり高価であることは、驚くべきことではないでしょう。人工的に作られたものがあります、注意をお忘れなく!

サファイアはしばしば権力と富と関連しています。ダイヤモンド付きのホワイトゴールドやプラチナリングに映え、とても美しいものです。無色のダイヤモンドと両方の貴金属の灰白色が、サファイアをさらに明るく輝かせます。彼女にプロポーズ する際に、完璧なエンゲージリングとなるでしょう。

エメラルド

エメラルドは古代エジプト時代に採掘されていました。現在、最も重要なソースはザンビアとジンバブエで見つけることができます。けれど、コロンビア産のエメラルドは、その青緑の色のために最も人気があります。その強い緑色は、クロムとバナジウムの存在によって生じています。エメラルドは他の宝石より柔らかく壊れやすいため、グラインド、研磨、セッティング時にダメージを受けやすくなります。したがって、これらのエメラルドには、肉眼では見えないようなインクルージョンがあります。これはこの宝石のユニークさに影響します。

もともとエメラルドと他の貴石の美しさを強調するように設計されたエメラルドカットは、ダイヤモンドシェイプとして依然として人気です。エメラルドは勇気を表します。グリーンは楽観的な色で、無色のダイヤモンドと組み合わされるとさらに軽く見えます。

私たちと一緒に、ダイヤモンド付きのリング を エンゲージリング として、または他の特別な機会にお楽しみいただくことができます。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER