ロケットは、中に写真、髪、または小さなメッセージなど、様々な自分の秘密を入れることができるペンダントです。ロケットは、実は お守りから派生したものですが、1900年代のビクトリア時代に、愛する者の思い出を偲ぶよすがとして特に人気を博しました。ただし、ヨーロッパのデザインでは16世紀にさかのぼるものが発見されています。

自分自身のパーソナルスペースを持ち、秘密に保つことがますます困難になっているこの時代に、ロケットは実際に再流行しつつあります。ダイヤモンドの ペンダント ロケットを持ちたいと思ったことはありませんか?

ロケットの種類とシェイプ

ロケットにはさまざまなシェイプのものがあります。最も人気のあるものは、楕円形、円形またはハート型のロケットです。通常、銀や金などの貴金属で作られるロケットは、ジュエリーの世界で独自の地位を占めています。

ロケットは、目的が何であるかによって変わってきます。

  • 透明なケーシング:ロケットが髪をひと房を入れるためのものである場合、頻繁に開いて髪を失うリスクをさせるために、開けなくていい、透明なガラスケーシングのものを選択するのより一般的です。現在、透明なロケットは、内部の宝石、特に何かを象徴するチャームを見せるためにも使用されます。
     
  • 閉式:元のロケットは完全に金属製で、閉じているときには中に何が入っているのか分からないものでした。これは、あなたの心の近くに置いておきたい写真や短い文章に最適です。
     
  • 香水ロケット:1900年代には、香水用のロケットもあったので、それを着けている人は素敵で甘い香りがしました。これらは細い線条でできていて、中央に小さなピローが入っていました。数滴の香水をピローに直接垂らすのです。

パーソナライゼーション

ロケットの中にしまう秘密についてはお話したので、それではロケットの外側をパーソナライズする方法についてお話します。

最も一般的な方法は、常に刻印を施すことでした。ロケットの贈り主のイニシャル、特別な意味を持つ言葉、または日付を刻印することができます。オプションはたくさん。デザイナーに特別な線描を彫刻してもらい、それをパーソナライズすることもできます。

その後、ダイヤモンドと宝石をロケットにセットすることができます。これにより、さらに価値のあるキラキラと輝く唯一のダイヤモンドペンダントがクリエイトされるのです。ダイヤモンドのペンダントロケットは、人が思うよりも一般的ではありません。ダイヤモンドと宝石をロケットにセットするには才能のある職人が必要ですが、それは実現可能であり、芸術作品になるのです。

BAUNAT では、見事なダイヤモンドを主役とする、素晴らしいロケットをご用意しています。これらはペンダントの中心にセットされているか、またはロケットの外縁にダイヤモンドのハローがあるデザインとなっています。どちらも、非常にリッチで精巧なMédallion d’Anvers コレクションの一部です。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER