7月29日、美術愛好家はヴィンセント・ヴァン・ゴッホ(1853年-1890年)の死から125周年の記念行事を行いました。この偉大な芸術家への賛辞として、彼の最も有名な作品の一つ、「星降る夜」が、世界的に有名な「スターリーナイト」サファイアと比較・展示されました。

「星月夜」はヴァン・ゴッホの作品で、1889年に、フランス南部に住んでいたときに描かれました。この絵は、眠るフランスの村の上に心をかき乱すような星空の夜を見せています。静かながら心を落ち着かせないこの傑作は、丘、畑、村の安定性と、 旋回する空の動きを組み合わせたものです。「母なる自然」は絵に負けることを望まず、独自のバージョンの「スターリーナイト」を生み出したのでした。112カラットのサファイアである「スターリーナイト」です。これはヴァン・ゴッホの絵と比較されて、このように名づけられました。ミッドナイトブルーの色を持つこのサファイアの中には、6つの角を持つ白い星があるのに気づくでしょう。別の視点からスターリーナイトを見ると、星が宝石上で踊っているよう。これは例外的な自然現象です。宝石に浮かぶ星座は珍しく、鮮やかな色の白い星とサファイアの深い青色の対照が、強い印象を残します。石のシェイプは、「星月夜」の中の空のアーチと比較され、サファイアの色もこの絵のカラーパレットに組み込まれています。

ゴッホは色の達人であり、母なる自然は真のアーティストです。素敵なことに、青はまだ最も人気のある宝石の色の一つであり、カラーのついた宝石は現在大流行しています。「星月夜」の絵画とスターリーナイトのサファイアは、かつてなかったほど時節に適っています。もちろん、天然色のダイヤモンドや宝石についてもお問い合わせいただけます。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER