ソリテールリングを買うとき、ダイヤモンドのシェイプとして頭に浮かぶ2、3のものは、例えば、ラウンド、 プリンセス おしておそらく クッション です。

ラウンドカットは ソリテール リングの独自のカテゴリーにあり、他のものはファンシーカットと呼ばれます。

ファンシーカットとは何ですか?

ファンシーカットとは、プリンセスカット、エメラルド、クッション、ハート、ペアー、マーキスなど、実際には好みの問題であり、かなりの選択肢があります。他にも、アッシャーカットなど、発明者の名前にちなんで命名されたものがあります。

けれど今日は、私たちはマーキスカットとその起源について詳しく調べていきます。

マーキスカットダイヤモンドの起源

マーキス カットは、しばしば「小さな船」を意味する ナベット - カットとも呼ばれ、今日では56のファセットと尖った端を持つ楕円形を特徴としています。

その起源は18世紀にフランスに - より正確にはフランスのルイ王の治世の間にさかのぼります。その時代は常に、その豪華さにより知られており、マーキスカットは間違いなくその一つです。

フランス王ルイは、有名なポンパドール夫人の唇の形に似せてダイヤモンドの輪郭を描くよう、宝石商に注文しました。その実際の名前マーキスは、その時代に使用された多くの社会階級の1つであり、伯爵と公爵の間にある階級「侯爵」を意味します。侯爵は、自分の爵位を公衆の面前で自慢するためにマーキスシェイプのダイヤモンドを身に着けたと言われています。

ダイヤモンドのカットは、今日のように精密で洗練されたものではありませんでしたが、誰でもすぐに分かる舟の形をしていました。

マーキスソリテールを購入する

前述のように、マーキスカットは、「ソリテールリング」と聞いて最初に思い浮かべるシェイプではありませんが、ユニークな外観を持つ、美しく多様性のあるシェイプです。

  • まず第一に、手と指のサイズに基づいて、マーキスを縦にセットするか、横にセットするか決めます。縦にセットすると指が長く見えます。横にセットすると、デザインとして際立ちます。
     
  • そのシェイプにより、マーキスカットソリテールは実際のカラット重量よりも大きく見えます。つまり、同じカラット重量のラウンドダイヤモンドやプリンセスダイヤモンドよりも小さな石で大丈夫です。
  • そのセイプはとても独創的で市場にはまれで、エレガントなホワイトゴールドやプラチナのソリテールリングにセットするだけで、素晴らしく映えます。

マーキスソリテールリングを購入なさりたいあなたには、BAUNAT はあなたが最も美しいダイヤモンド デザイン の、完璧なリングを選ぶお手伝いができれば嬉しく思います。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER