ダイヤモンドとは何ですか? ダイヤモンドはどのようにしてできますか?

ダイヤモンドは、いくつかの理由により、宝石の分野でもまったくユニークな存在です。

ダイヤモンドは、完全に1つの化学元素=炭素でできています。少なくとも2つの元素からなる他のすべての鉱物とはかなり異なります。

ダイヤモンドをダイヤモンドたらしめるのは2つのことです:

  1. その結晶構造:炭素原子が規則的に繰り返し、結晶格子に沿って繰り返し配置されているその状態。
  2. ダイヤモンドは、地殻の140〜190kmの間の、地球の 上部マントルに実際に深く形成される唯一の鉱物です。ダイヤモンドが実際に鉱物として形成されるためには、正確に45〜60キロバールの高い圧力と、900〜1300度の高温が必要です。

形成されたダイヤモンドは、火山活動によって表面に運ばれます。これらは沖積となる場合もあり、ダイヤモンドが侵食によって運ばれたため、河床や海洋 - 例えばナミビアの海岸 - で見つけることができます。あるいは、もっと一般的に知られているように、カナダの北西地域、ノルウェー、ボツワナ、など、ダイヤモンドパイプの中や周りで見つかります。

ダイヤモンドについてのもう一つの驚くべき事実は、年代を遡ることができる最も古いダイヤモンドは、実際には何十億年も前にできたものであり、この表現を使うことができるならば、「最年少」のものでも約6億年前にできたものだということです。

興味深い事実

  • モース硬度で10の硬度を持つ最も硬い鉱物であるため、ダイヤモンドはダイヤモンド以外では傷つきません。この硬度により、ダイヤモンドは切削および研磨に最適な材料です。
  • その光沢は「アダマンチン」と呼ばれ、「光沢や硬度のダイヤモンドに似ている」という意味です。
  • すべての発掘されたダイヤモンドのうち、30%がGEM(宝石)の品質であるとされています。残りは工業用に使用されています。

アントワープのダイヤモンドは何世紀にもわたって有名でますが、その理由として、まずアントワープ市はあらゆる種類の商品の主要な貿易センターであり、第二にアントワープは15世紀以来の国際ダイヤモンド貿易の中心地であるということが言えます。実際、アントワープに残るダイヤモンド貿易の最初の記録は、1447年のものです。

アントワープのダイヤモンドは、ダイヤモンドを切断するために使用される技術的プロセスの面でも非常に優れています。アントワープのダイヤモンドは、カッターやポリッシャーの技術者たちによって開発された知識と技術の象徴であり、今日では倫理的なサプライチェーンと信頼できるビジネスで知られています。

BAUNAT は、さまざまなデザインを通じて アントワープ ダイヤモンドのユニークさをエレガントに伝えています。そのクラシックラインには洗練された繊細さがあり、ベルギーで完全に製造され、BAUNATの社内クリエイティブチームによってされた デザイン ジュエリーは、よりインスピレーションを与える、魅力的な作品です。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER