ハートとアロー(矢)とその他すべてを備える崇高かつ完璧な丸いブリリアントカットダイヤモンドを達成するために、ダイヤモンドの各部分が特別な方法で作られる理由を理解することが重要です。

最高に完璧なカットを達成するために、ダイヤモンドは、非常に長い間、宝石学者やカッターによって研究されてきました。考慮に入れなければならない多くの要素があり、そらのひとつにダイヤモンドの深さがあります。

ダイヤモンドの深さ

この記事では、ダイヤモンドリング 購入時に注意すべき理想的なダイヤモンドの深さと、見るべきポイントについて詳しくお話したいと思います。

ダイヤモンドの深さの測定方法は2つあります。a. テーブルからキューレットトまでミリメートルで、b. その幅に対する深さのパーセンテージ。

ダイヤモンドの理想的な深さは、シェイプによって違いますのでご注意ください。例えば、ラウンドビリリアントとプリンセスカットでは、かなり異なります。ここでは丸い石の深さについて議論します。

理想的な寸法とその理由

GIA によれば、バランスのとれたダイヤモンドは、約60%、理想的には57.5%〜63%の深さ率を有するべきであるとされています。このとき、全体の深さが「エクセレント」(優秀)であると評価されます。

なぜでしょう? いくつかの理由があります: まず、ダイヤモンドがあまりにも深くカットされると、光が反射される代わりにダイヤモンドから漏れ、より暗く鈍く見えるようになります。この光学現象は「ネイルヘッド」(釘の頭)と呼ばれます。

反対に、ダイヤモンドが浅すぎると、ガードルが実際にダイヤモンドに反射され、「フィッシュアイ」(魚眼)と呼ばれる光学現象を引き起こします。

たとえダイヤモンドの深さが優れていても、そのテーブルのパーセンテージと角度が悪いと、ダイヤモンドの全体的な外観は完璧ではなくなることは明らかです。それら要素はすべて、ダイヤモンドリング を購入する際に重要な役割を果たし、ダイヤモンドのいちばんの特徴であるファイヤー、輝きやシンチレーションを最も確実に表わします。

GIA のカット評価システムは、エクセレント、ベリーグッド、グッド、フェア、プアーとなっています。

正しいダイヤモンドリングをお買い上げになる

今、ダイヤモンドの深さの点で何を探すべきかについて、多少知識が増えました。もちろんカットのグレードと数字は石に刻まれているわけでないですし、公式には「グッド」または「ベリーグッド」とグレード評価されている ダイヤモンド リングに一目惚れしてしまった場合でも、ご自分の心に従って。躊躇しないでください!

BAUNAT では、あらゆる願いを満たす様々な ダイヤモンドカットのグレード を提供しています。GIA によるトリプルエクセレントの グレード から、HRD のような他の評判の高い研究所による認定書まで。

 

BAUNAT にとって、お客様が十分な情報を得ていることは大切なこと。いつでも、あなたのご質問とサーチをお手伝いできると嬉しく思います。弊社までお気軽にお問い合わせください。電話、電子メール、チャット、または直接お手伝いさせていただきます。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER