ダイヤモンドの全周を囲み、その幅をマークする部分についてお話します:ガードルです。また、そのサイズが ソリテールリング のダイヤモンドのセッティングにどのように影響するかを掘り下げます。

ガードル

ガードルとは、視覚的にダイヤモンドを文字通り半分に分ける部分です。片側はクラウン、もう一方はパビリオンと呼ばれます。

それはダイヤモンドの幅を示し、ダイヤモンドのセッティング縁の役割を果たします。標準的なラウンドブリリアントダイヤモンドのガードルは、実際には、クラウンの領域の上半分のファセットと、パビリオン領域の下半分のファセットを介して形成された、16の「山」と16の「谷」から構成されます。

ガードルの厚さとはどれくらいですか?

平均的な ガードルの厚さ は、実際には光学装置によってミリメートル単位で測定されます。パーセンテージを計算するには、石の平均直径を平均厚さで割り、結果に100を掛けます。

GIA に記載されているガードルの厚さのグレードは、極めて薄い、非常に薄い、薄い、中程度、わずかに厚い、厚い、非常に厚い、極めて厚い、と規定されています。

極端なものを見てみると、2つの全く異なる結論に達します: ガードルが極端に薄いと壊れやすく、石をセットするときにかなり簡単に損傷する可能性があります。反対に、極端に厚いガードルは重量を隠すので、ダイヤモンドのカラットは表向きに見たときに実際よりも軽く見えます。

ガードルが均一にスカラップされていて、丘と谷のサイズと形状が規則的であることが重要で、この状態のときにグレードが良いとされます。

こっそりと重量を最大にする方法は?

ポリッシャーは、ダイヤモンドの総収量を最大限にするために、いくつかの既知の技術を使用することができます。これらは“ペインティング”と“掘り出し”と呼ばれます。両者は本質的に、上部ファセットか下部ファセットをベゼルかパビリオンのメインに向けて傾斜させるか、またはそれらを互いに向けて傾斜させることから成ります。こうやって、ガードルの一部の部分に厚みを作り、石の総収量をわずかに増やすのです。

一般的に、視覚的なインパクトが、GIAが作成した石に与える影響と総合的な評価が合理的であると判断する最小のしきい値を超えない場合は、使用するとよいテクニックです。

強い掘り出しやペインティングはダイヤモンドの外観を明らかに変更したり妨げたりするため、グレードをかなり下げることがあります。

ソリテールリングを選択するとき、ガードルのサイズはセッティングにどのように影響しますか?

前述したように、ガードルはリングにセットするときに石を損傷するのを避けるためには、少なくとも“薄い”状態である必要があります。プロング付き ソリテール リング であろうとベゼルセッティングであろうと、ダイヤモンドが時間の経過とともにセッティングから外れないように、セッターによって大きな圧力が加えられるのです。

 

BAUNAT では、あらゆるタイプのダイヤモンドを幅広くご用意しています。あなたがお探しの1点が見つかる、エレガントな ソリテールリング のコレクションもございます。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER