ひとはどうしても、ジュエリーとは非常にフェミニンな装飾品であると自発的に考えるようです。女性に不可欠なものであると。そして、頻繁に女性にギフトとして与えられるものだと。男性が特別な機会に女性のためにダイヤモンドやジュエリーを買うにしても、女性が自分のために買うか、または友人や家族が家族の女性か親友のために何かを買うこともあるのに、です。

時代を振り返ると、ジュエリーは常に女性的な影響を受けていることがわかりますが、ここ数十年にわたって、男性は ダイヤモンド と宝石を自分用に購入するようになってきています。

男性が身に着ける装飾品に関する歴史を少し

16世紀と17世紀の王族や裕福な人たちの絵画を見てみると、男性は女性の女性よりも多くのジュエリーを身に付けていることがよくあります。ジュエリーや宝石類は、実際には、人の偉大さと血筋、社会的地位、貿易による外部世界へのアクセス可能性を反映するものであると考えられていました。

男性用ダイヤモンド:ジュエリーとアクセサリー

ここ数十年間にわたり、メンズジュエリーは主に2つのものから成っています:時計と、ウェディングリング、または別名、家族愛のリングです。

ときには少し冒険して、ウェディングリングを飾るために ダイヤモンド スタッドや小さなダイヤモンドを購入する男性もいらっしゃいます。富と地位の象徴として、ダイヤモンドでカバーされた大胆なリングを購入する男性もいます。

また、タイピンや、さらに人気の カフスボタン を購入する方も。

カフスボタン は、以前にはシャツの袖をまとめるために必要な基本的なアクセサリーと見なされていただけですが、今日では非常に男性的なジュエリーであり、男性の服装の重要な部分とみなされています。

BAUNAT では、メンズジュエリーはエレガントで自信に満ちており、ウェディングリング用の洗練されたデザインを選んだり、また、様々な貴金属とスタイルの独自の カフスボタン のデザインを選択したりすることもできます。また、リング、カフスボタン、その他のどのようなジュエリーとしても、ダイヤモンドをご購入 いただけ、また テーラーメイド で独自の特別なデザインにも対処しております。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER