ダイヤモンドの全体的な対称性と外観の重要性だけでなく、ダイヤモンドの価格 についてもお話します。

ダイヤモンドの対称性

ダイヤモンドでは、最終カットグレードを評価する際に、対称性と研磨性が共に重要となります。

対称性はダイヤモンドの外観にとって重要であり、ダイヤモンド上のファセットの正確な配置および完全な配置を指します。

これは、2つのタイプの特徴に分けることができます。ファセット関連の特徴とプロポーション関連の特徴です。

GIA グレーディングシステム に基づき、5つの対称カテゴリーがあります。これらは通常、暗視野照明下で10倍の倍率ルーペまたは顕微鏡を使用して、特徴が容易に見えるようにした上で定義されます。

5つのカテゴリーは、エクセレント(優秀)、ベリーグッド(非常に良い)、グッド(良い)、フェア(悪くない)、プアー(劣る)です。エクセレントのグレードは、対称性に問題がない場合、または10倍の拡大ルーペを使用してもほぼ見えないくらい、問題が非常に小さい場合に与えられます。一方、プラーは最も低いグレードであり、ダイヤモンドは肉眼でも明らかに調和していないことが見てとれます。これには、例えば、ファセットのひずみ、中心から外れたアウトライン、同じく中心から外れたキュレットやテーブルが含まれます。

研磨されたダイヤモンドに見られるファセット関連の特徴

対称性の問題がファセットに関連するものであるの場合、ダイヤモンドには次のような特徴が備わり、その数、サイズ、およびこれらの特徴がどれくらい見えるかに応じて、全体的なカットグレードが明確に変更されます。

余分なファセットや、ファセットが足りない場合があります。ラウンドガードルの輪郭の外に出るような元の自然な形状である場合があります。たとえば、ミスアライメントまたは非八角形のテーブルがあります。

プロポーションの特徴

プロポーションに関連して、ダイヤモンドのカットグレードや全体的な外観に影響を与える特徴は強いもので、往々にして ダイヤモンドの価格を劇的に変えます。

特徴には、例えば、クラウンやパビリオンでの角度変化、ガードルの厚さのバリエーション、または波状に見えるかなどがあり、キュレットやテーブルは、中心から外れていたり、互いに平行でなかったりすることがあります。これらの特徴はすべて、実際にダイヤモンドのカットグレードを下げます。

BAUNAT では、評判の高いラボで認定された ダイヤモンド とジュエリーを提供することを誇りとしています。お届けしているコレクションは、ダイヤモンドの価格 の面で無敵であり、デザインの範囲は、エレガントで、洗練された、クラシックな 品からオリジナルな品まで、幅広くご提案しています。

 

BAUNAT には、ご質問にお答えし、お手伝いすることができる 専門知識 と知識があります。お電話、電子メール、またはチャットでご連絡いただくか、あるいは弊社 ショールーム  のどれかひとつにご予約を入れてください。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER