より良いサービスを提供するため、BAUNAT では Cookie を使用しています。サイトを閲覧し続けることにより、Cookieの使用に同意したことになります。はい、同意します

  • 9.9/10 on Trustpilot
  • 30日間の返品
  • たいてい7営業日以内に配達
  • 無料、保険付きの配達
  • 無敵のコストパフォーマンス
  • 20年の保証
  • 30日間の返品
  • たいてい7営業日以内に配達
  • 無料、保険付きの配達
  • 20年の保証
  • 9.9/10 on Trustpilot

世界中でどのような要素に基づいて婚約指輪を嵌める正しい手が選ばれていますか?

  • 宗教によってどのように変わりますか?
  • 宗教の役割は何ですか?
  • その他どのような要素が決定に関与しますか?

世界中で、婚約指輪あるいは結婚指輪を嵌める正しい手については限りなく多くの規則があります。信仰と宗教に従って両方の指輪とも嵌める側が異なります。どんな違いがあるのでしょうか?自分が指輪を嵌める手を正しく選ぶにはどうしたら良いでしょう?

宗教によってどのように異なりますか?

すべての宗教に指輪を嵌める正しい手についての規則と伝統があります。イスラム教では、伝統的に婚約指輪の交換はありませんが、キリスト教徒にとっては左手に婚約指輪を嵌める習慣は古代エジプトに起源があります。ユダヤ教では、結婚指輪は結婚式で花嫁の右手の人差し指に嵌めます。その後、女性はそれを左手の薬指に移しますが、花婿も指輪を受け取ります。

有益な情報:どの宗教で婚約指輪と結婚指輪をどの手に嵌めるについての詳細をご覧ください。

宗教の役割は何でしょうか?

宗教が何であるかに関係なく、指輪を嵌める場所は国によっても異なります。例えば、キリスト教徒は伝統的に左手を選びます、しかしイタリーとスイスのカトリック教徒は、通常は右手に付けます。

慣習は国家間だけではなく国内の地域間でも違います。例えば、ベルギーの諸州では過去からの伝統に基づいて異なった規定があります。

有益な情報:自分が住んでいる地域ではどの手を選ぶべきでしょうか?ここでご覧ください。

その他どんな要因が決定に関与しますか?

 宗教と地域がどのようであっても、あなたは自分自身で婚約指輪を嵌める指を選択します。この場合は特に現実的な考慮がしばしば役割を演じます。右手利きですか?その場合には、現実的に考えて、活動の邪魔にならないように婚約指輪を左手に嵌めるほうが楽です。さらに、西洋以外の文化では通常他の伝統があります。例えば、インドの女性はしばしばつま先にリングを嵌めて結婚していることを示します。

婚約指輪を嵌める指についてどこで助言を得られるでしょうか?自分の婚約指輪が伝統に合っているとどうすれば確信できるでしょうか?あなたが完璧な選択をするためにBAUNATのジュエリー専門家から助言を得てください。

 

すべての質問に戻る

FAQ

ジュエリー

ダイヤモンド

用語集

用語集

Baunat.com

高品質のダイヤモンドジュエリーのオンラインウェブショップ。オンラインショップのダイヤモンドジュエルをすべて表示する。弊社のオンラインビジネスモデルにより、これら高品質のジュエルを優れた価格でご提供することができます。 www.baunat.com

©2008-2019 BAUNAT

All Rights Reserved - 粤ICP备16057796号-2

Baunatdiamonds.com

ダイヤモンドへの投資に関する、弊社のウェブサイトをご覧ください www.baunatdiamonds.com