国により、エンゲージリングやウェディングリングは、通常どちらの手に嵌めますか?

北米と英国では、エンゲージリングは伝統的に左手薬指に嵌めます。この習慣の起源は古代エジプトの神話で、この指には心臓に直接つながっている静脈が通っているとされたことによるか、あるいは心臓が体の中心よりわずかに左寄りにあるという事実によるものかもしれません。逆に、ポーランドとウクライナでは、右手にエンゲージリングを着用するのが通例です。
ドイツでは、リングは婚約期間中は左手に着け、結婚後は右手に着けます。言い換えれば、たったひとつの真実や、たったひとつの一般的なルールは存在しないということですね。単に文化、伝統、そして個人的なスタイルの問題なのです。

関連情報:

1.BAUNATのコレクションでは、エンゲージリングと完全にマッチするウェディングリングを提供していますか?

2.BAUNATでは、どのような種類のダイヤモンドセッティングを提供していますか?

3.パーフェクトなエンゲージリングを選ぶための注意点は?

 

注目のジュエリー

  • 1.00 カラットのピンクゴールドダイヤモンドフラワーリング USD 460 から(税抜き)
  • 0.50 カラットのサイドダイヤモンド付きピンクゴールドソリテールリング USD 2.500 から(税抜き)
  • 0.70 カラットのサイドダイヤモンド付きピンクゴールドソリテールダイヤモンドリング USD 1.970 から(税抜き)
  • 0.75 カラットのピンクゴールドソリテールダイヤモンドリング USD 1.100 から(税抜き)
すべての質問に戻る