より良いサービスを提供するため、BAUNAT では Cookie を使用しています。サイトを閲覧し続けることにより、Cookieの使用に同意したことになります。はい、同意します

アントワープのダイヤモンド地区とはどこですか?

  • ダイヤモンド地区は最初、どのようにして生まれましたか?
  • ダイヤモンド地区はどこですか?
  • なぜダイヤモンド地区へ訪問することに意味があるのでしょうか?

アントワープのダイヤモンド地区(ダイヤモンドクォーターと呼ばれることもあります)は、アントワープでダイヤモンドを探するときに訪れるのに最適な場所です。地区はダイヤモンド取引における重要な役割から、世界中で知られています。ダイヤモンドが売買され、カットされ、ポリッシュされています。でも、地区はどこにありますか? また、そこを訪問する意味とは?

ダイヤモンド地区は最初、どのようにして生まれましたか?

アントワープは、16世紀の早い時期からダイヤモンドセンターとして知られています。ダイヤモンドセンターはもともと、Groenplaats に位置していましたが、Paardenmarkt や Meir など、何世紀にもわたって数回移動しました。地区は20世紀初頭からはずっと、アントワープのセントラル駅からすぐの場所にあります。

ダイヤモンド貿易の重要性は1970年代から増し、中央の証券取引所や専門施設を備えたオークションハウスが登場し始めました。

ダイヤモンド地区はどこですか?

世界的なダイヤモンド貿易センターはその面積約1平方キロメートルで、5つの通りからなり、そのうち3つは完全に歩行者天国であり、専門貿易の核をとなっています。Rijfstraat、Hoveniersstraat、Schupstraat などです。

Vestingstraat と Lange Herentalstraat もあります。そこにはたくさんのショップやダイヤモンドカッターがありますが、アントワープのダイヤモンド目当ての観光客により焦点を当てています。Pelikaanstraat や Appelmansstraat のような周辺の通りにも、観光客がウィンドウショッピングを楽しめる店舗が数多くあります。

ダイヤモンドの原石は、アントワープのダイヤモンド地区に輸入されます。ダイヤモンドディーラーは、ダイヤモンドをカットし、他の場所でジュエリーを制作していますが、カットされたダイヤモンドが再びアントワープから出て、再び国際ダイヤモンドの取引の流れへと戻る場所です。

なぜダイヤモンド地区へ訪問することに意味があるのでしょうか?

アントワープにご旅行なさるなら、ダイヤモンド地区へ足を延ばすことは絶対に不可欠です。地区の多くの美しいジュエラーに加えて、興味深い名所がたくさんあります。たとえば、もともとはアントワープカジノとして知られていたダイヤモンド取引所を見ることができます。建物は、Pelikaanstraat と Hoveniersstraat にあります。

Hoveniersstraat にはダイヤモンドオフィスがあり、輸入と輸出されるすべてのダイヤモンドがここを通過します。これは、1973年に設立されたアントワープ世界ダイヤモンドセンター(AWDC)の一部となっています。

しかし、地区にあるのはダイヤモンド関連の建物だけではありません。セファルディのコミュニティに仕えるポルトガルのシナゴーグも、間違いなく訪れる価値があります。建物の落ち着いた魅力的なデザインは、新ローマ教会のように見えるため、それを取り巻く巨大なオフィスビルと好対照的を成しています。

DIVA ダイヤモンド博物館MAS ダイヤモンドパビリオンを見学するにはダイヤモンド地区を離れる必要がありますが、ダイヤモンド貿易と産業の歴史に興味がある方なら、これらの2つのアイコンには必ずや満足なさるでしょう。

アントワープで完璧なダイヤモンドリングをお探しですか?私たちのショールームにぜひご来店いただくか、BAUNAT のダイヤモンド専門家までご連絡ください!

すべての質問に戻る

FAQ

ジュエリー

ダイヤモンド

用語集

用語集

Baunat.com

高品質のダイヤモンドジュエリーのオンラインウェブショップ。オンラインショップのダイヤモンドジュエルをすべて表示する。弊社のオンラインビジネスモデルにより、これら高品質のジュエルを優れた価格でご提供することができます。 www.baunat.com

©2008-2019 BAUNAT

All Rights Reserved - 粤ICP备16057796号-2