男性はクラシックな ソリテールリング の代わりに、ますますエンゲージリングに カラーダイヤモンド または色付きの宝石をセットして、恋人をサプライズさせるようです。色は個性を反映し、時には伝統的な無色のダイヤモンド以上にものを言います。「シャンパン色のダイヤモンド」は非常に需要がありますが、実際には明るい茶色のダイヤモンドを婉曲に表現したものです。時代を超越した色で、無色のダイヤモンドと組み合わせると美しく映えます。

豊かな色

あらゆる色合いのブラウンダイヤモンドが世界中で採掘されていますが、オーストラリアの アーガイル鉱山 のものは、シャンパン色のバリエーションの最大の産地です。それらは カラーダイヤモンド の中では最も安価なものの1つと見なされていますが、需要が増えれば状況はすぐに変わる可能性があります。どのグレードのものでも色がリッチで、あとはあなたのお好みによります。

シャンパン色のダイヤモンドは、C1からC7までにグレーディングされます。カテゴリーC1からC6はシャンパン色のダイヤモンドで、目立たない色からやや暗いものまで、C7はコニャック色が濃いもの、つまり濃い茶色のもので、最も高価な色です。すべてのグレードに豊かな色があり、あとはあなたのお好みによります。

エンゲージリングに美しい

カラーダイヤモンドがセットされたリングは、ここしばらく人気が続いています。エンゲージリング片手に、愛する人に プロポーズ しようとしていますか? その色が彼女のパーソナリティに合っているようにしたいものです。シャンパン色のダイヤモンドは時代を超え、さりげない外観をしています。ハローセッティングなどの無色のダイヤモンドと組み合わせると、色がさらに際立ちます。どんなセッティングも可能ですが、カリスマが少なくなるのでソリテールリングはお薦めしません。どちらかと言うと、イエローゴールドリングにセットすると落ち着いてクラシックに見えます。ホワイトゴールドまたはプラチナは、現代的で魅力的な 外観 を創り出します。

美しい エンゲージリングなら、カラーダイヤモンドをセットするかどうかにかかわらず、BAUNAT にお越しください。美しい ダイヤモンドリングを豊富に取り揃えています。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER