ジュエリーを買うのは誰ですか? これは、ふたりの関係において、どちらが“ズボンを履いている”かを示す、新しい指標です。伝統的には、男性が最愛のひとに、ダイヤモンドや貴重な宝石を雨あられと贈っていましたが、流れが変わってきているようです。多くの女性は待ちくたびれて、夢の宝石を自分で購入することを決めるようです。楽しみとして、投資として、離婚後に自分へのご褒美として、または単に“買えるから”。そして、彼女たちは正しいのです! 自分で購入するのに十分な購買能力があるのに、なぜ待つのですか?

最近の研究では、女性の半数以上が、こんにち自分自身でダイヤモンドを購入していることが明らかになりました。世界的なトレンドであるようです。これらの“ジャスト・ビコーザーズ(私には買えるから)の女性たちは、成功したキャリアウーマンであり、45歳以上で、自由に使える手取りが年に 90,000 ユーロあります。新しいフェミニズムとでもいったところでしょうか。かつて女性たちは旗を振って路上を行進していましたが、彼女たちはこんにち、自分で買った高価な宝石を身に着けて、自らの独立性を示すことを恐れません。ダイヤモンドを着けることは、“ステートメント”を発表すること。元夫に「私は不自由なくやっているわ」と分からせたり、職場の(男の)同僚に見せつけたり。理由はなんでもいいのです。そうして、こういった自信に満ちた女性たちがダイヤモンドジュエルを買うときには、昔ながらのジュエラーやオンラインで購入するだけではありません。一般的に男の世界だと言われているオークションにも出かけ、究極のヴィンテージジュエルを探し求めるのです。よく選びさえすれば、ダイヤモンドジュエリーはまだ、非常に優れた 投資 足り得ます。

そして女性のみなさん、 BAUNAT.comをお見逃しなく。あなたの好みやスタイルに合うダイヤモンドジュエリーがきっと見つかります。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER