今日では、カップルが婚約する前に一緒に暮らすことは珍しいことではありません。ほとんどの費用はすでにシェアされているので、ダイヤモンドのエンゲージリングを購入する際にも、現在は二人が半分ずつ支払うのが流行のようです。この方法だと、ダイヤモンド購入の経済的な影響を最小限に抑えることができます。また、経済的に負担をかけすぎることなしに、より高価なリングを選択することもできます。あなたとパートナーがダイヤモンドのエンゲージリングを購入する際に割り勘で支払うことを決めた場合、まずはこちらを考えてみるといいでしょう:

1.一緒に予算を決める

一番良い方法は、ジュエラーに足を運ぶか、ダイヤモンドのエンゲージリングをオンラインで注文する前に、ふたりの予算を調べることです。ふたりにとって無理のない予算を設定します。ひとり(好ましくは男性)がダイヤモンドの代金を支払い、もうひとりが貴金属とセッティングの代金を支払うことも可能です。いったん決定したら、最初に合意した計画を変えないで。パートナーのひとりが予算を考えなおす必要があると感じたら、ふたりでオープンかつ正直に話し合いましょう。これは大きな買い物です。上手にコミュニケーションをとることが不可欠です!

2.スタイルを決める

エンゲージリングの費用を半分ずつ持つことが決まったなら、通常は次にふたりがどのような外見のリングが欲しいか、決定します。最終的な結果にふたりともが満足していますか? 確認しましょう。ソリテールダイヤモンドエンゲージリングなら、間違いがありません。あなたにはちょっと伝統的すぎますか? では、妥協点を見つけましょう。「味と色についてはみんな同じ意見」とよく言いますが、この場合は別です。

3.ウェディングリングについて考える

結婚式の後にウェディングリングを着けることを計画している場合には、エンゲージリングと一緒に購入してください。女性の多くは、ウェディングリングとダイヤモンドのエンゲージリングがマッチすることを望んでいますが、男性もウェディングリングをマッチさせたいと思っているものです。重要なのはスタイルがマッチしていることで、貴金属は必ずしもマッチする必要はありません。今日では、イエローゴールド、ホワイトゴールドとピンクゴールドを組み合わせるトレンドさえあります。

BAUNAT では、あらゆる予算と趣味に合わせて、ダイヤモンドの エンゲージリング と ウェディングリング を幅広く取り揃えています。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER