19世紀後半から20世紀初頭にかけて、ダイヤモンドの切断技術が向上し、よりエレガントなダイヤモンドのシェイプが現れ始めました。ファセットは細長くなり、ダイヤモンドはもはや原石のようには見えませんでした。ビクトリア朝時代とエドワード時代、アールデコ時代の間に、ダイヤモンドは絶対的なピークを迎え、人気はますます高まりました。ラウンドブリリアントの輝きの基盤が築かれたのは、この時代です。それでも、今日のアンティークスタイルとダイヤモンドのシェイプには顕著な違いがあります。今日は、非常に人気が高いラウンドブリリアントとの比較を行ってみます。ここでは主に、そのシェイプとそのすばらしい値札に焦点を当てます。

色とクラリティが向上するよう、ヴィンテージダイヤモンドは手作業で磨かれました。今の状況とは対照的に、現在では無色ダイヤモンドの最大供給地となっているアフリカ南部のダイヤモンド鉱山がまだ発見されていなかったため、現在入手可能なダイヤモンドの量は18世紀・19世紀にはかなり限られていました 。当時のダイヤモンドカッターたちは、石から最高のもの引き出すために最も独創的な技術を使用し、独自の魅力と人目を惹く輝きの作品を作り出しました。

モダンブリリアントダイヤモンドとアンティークダイヤモンドには、両方とも57のファセットがありますが、シェイプと配置にそれぞれの個性があります。ヴィンテージダイヤモンドは色を引き出すようにカットされましたが、現代のブリリアントは輝きを得るようにカットされます。ブリリアントは光の反射がよくなり、華やかに輝きます。アンティークダイヤモンドでは光の反射が異なり、控えめな輝きです。

アンティークダイヤモンドは、現代のブリリアントよりも高価ですか? 

通常はそうですが、価格はそこまで変わりません。ヴィンテージの宝石はかなり稀なので、高価なタグが付いている可能性があります。言いかえれば、価格もブリリアントなことが多いのです。ある種類の歴史を持つジュエリーへの需要の増加により、価格にも影響が出ています。さりげない輝きを放つダイヤモンドを求めるひとがどんどん増えており、どんなにブリリアントな価格でも喜んで支払っています。もちろん、ブリリアントは決してアンティークダイヤモンドより劣るものではありません。華麗な ソリテール エンゲージリング よりも美しいものはありません。けれども、ダイヤモンドリングはあらゆる種類のタイプとサイズがあります。誰の予算にも合うダイヤモンド リング があり、どんな魅力的な価格であれ、BAUNAT はあなたを喜んでサポートさせていただきます。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER