私たちは皆、すでに4C(カラット、カラー、クラリティ、カット)について知っています。それらはダイヤモンドの品質を決定しますが、その中でもカットは最も重要であると考えられています。特に ソリテールリング を購入すると、ダイヤモンド1個だけが注目を集めます。実際には、輝き を決めるのは カット です。したがって、カットが良ければ質の劣るダイヤモンドであっても素晴らしい外観を与えることができます。正直なところ、私たちは皆、きれいに輝くソリテールのリングに憧れ、欲しいのです。

カットとシェイプの違い

興味深いことに、「カット」という用語は2つの異なる意味合いで使われています。たくさんの人が、ダイヤモンドのシェイプを説明するときに「カット」という表現を使います。たとえば、プリンセスカット のソリテールリングといった具合いにです。この用語は一般的に使われますが、実際には正しくありません。カットとは、ほんとうはダイヤモンドのシェイプではなく、ダイヤモンドのサイズ、研磨、および対称性を定義するものです。

専門家がダイヤモンドの研磨品質を評価するとき、3つの重要な側面、すなわち輝き(表面とダイヤモンドにおける白色光の反射)、ファイアー(ダイヤモンド内での光の分散により起こる色の閃光)とシンチレーション(ダイヤモンドが動くときの光と暗い(グレア)の閃光)。

グレーディングシステム

クラリティとカラーの場合と同様に、カットはグレーディングシステムによって評価されます:

  • ベリーアイディアル(非常に理想的):光を最大に反射します
  • アイディアル(理想的):ダイヤモンドに当たるほとんどすべての光を反射します
  • ベリーグッド(非常に良い):理想的なカットを持つものと同じくらい多くの光を反射します
  • グッド(良い):十分な光を反射します
  • フェア(かなり良い):妥当な量の光を反映します
  • プア(劣る):少量の光を反射します
     

BAUNAT では完璧を目指し、優れた品質のダイヤモンドのみを使用しています。美しいソリテールリング なら、弊社にお任せください。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER