今シーズンはまた、精緻なジュエリー が非常に人気です。精緻なダイヤモンド エンゲージリング も例外ではありません。

女性は通常さりげないジュエリーを好みますが、これはダイヤモンド自体には当てはまりません。ダイヤモンドは大きくてもよいのです。小さめのダイヤモンドは、華奢なリングにセットすると 大きく見えます 。

限られた予算の男性に適しています。ですが、これは精緻な エンゲージリング にたくさんある利点の1つにすぎません。もちろん利点には欠点がついて廻ります。少し深く掘り下げていきましょう。

素晴らしいエンゲージリングとはどんなものでしょうか?

精緻なエンゲージリングの長所と短所を明確にする前に、主な特徴を知ることが重要です。標準的なエンゲージリングの幅は2.5mmです。けれど、ファイン(精緻な)モデルは1.5〜2.5mmの間です。ファインリングは特に繊細なのです。したがって、長くもつ - いわば持続可能な 貴金属 を選択してください: プラチナやイエローゴールド、ホワイトゴールドはどれも優れていますが、銀はお勧めしません。

利点

精緻なエンゲージリングは華奢なため、快適に着用できます。重量が軽いということは、リング制作に必要な貴金属が少なくて済むということですから、もちろん価格にも影響があります。余った予算をダイヤモンドに使うことができます。けれど、ダイヤモンドが小さめでも問題にはなりません。リングが華奢なために、ダイヤモンドが実際よりも大きく見えるのです。最後に、精緻なエンゲージリングは指が細い人に似合います。

欠点

精緻なリングはより繊細です。ですから、細心の注意を払ってください。たとえば、休暇には持っていかず、金庫に保管してください。貴金属を再研磨すると、リングはさらに弱くなります。このため、研磨は避けてください。精緻なエンゲージリングは、細いに嵌めると美しく映えますが、太い指だと逆効果です。

BAUNAT では、精緻で華奢なモデルから贅沢なリングまで エンゲージリング に特化し、あらゆるタイプの女性にぴったりの品を提供しています。 

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER