以前に、ダイヤモンドを購入するときに選択できるさまざまなセッティング、たとえばプロングセッティング、ハーフベゼルやテンションセッティングについてお話ししました。

今回は、その中から特にひとつのセッティング - 「ラブ・オーバー セッティング」、より一般的には「ベゼルセッティング」と呼ばれるものについて、少し詳しく説明します。ダイヤモンド イヤリングを探している、非常にアクティブなライフスタイルを持つ方に理想的。

ラブ・オーバー セッティングとは何ですか?

ラブ・オーバー、別名ベゼルのセッティングは、おそらく伝統的なプロングセッティングと同じくらい普及しています。

石を取り囲み、その縁をわずかに覆う薄い金属縁から成るものです。石は実際に金属の側面に形作られた「棚」のような突出部上に座し、その縁は石の上で先細となっています。

この金属の縁の中にしっかりとセットされているので、時間が経つうちに石を傷つけたり失ったりすることが気になる方には、最も安全なセッティングとなります。

なぜ、他のセッティングでなくこのセッティングを選ぶとよいのでしょうか?

先に述べたように、ダイヤモンドを落としたり、誤ってぶつけたり、ダイヤモンドが接触するものをこすって傷つけたりを避けたいときに、完璧なセッティングです。

さらに、ベゼルセッティングは指の上で出っ張らないため、ジュエリーがしょっちゅう物に引っかかったり絡まったりすることを避けられます。リングだけでなくダイヤモンドイヤリングやペンダントにも使われます。お仕事によっては、この機能は他のものよりもこのセッティングを選択するもう一つの大きな利点となります。

シンプルで繊細、現代的。ここ数年、あらゆる世代でますます選ばれています。

BAUNATでは、特に、ダイヤモンドイヤリングにこのセッティングを推奨しています。私たちの経験から分かったことですが、優れた多用途性から、女性は最近イヤリングを普段使いと夜のお出かけ用に昔ほど頻繁に変えなくなっている傾向があります。ベゼルのセッティングは、長期的に見て、また日常生活において、他の既存のセッティングよりもダイヤモンドを保護することから理想的です。

BAUNAT では、ブレスレットペンダントエンゲージリング、そしてもちろんダイヤモンドイヤリングなどをラブ・オーバー セッティングで設置する石を幅広くご提供しています。

Share on:
SARA SIX