まずは基本から:ゴールドとは何ですか?

ゴールドは歴史の始めから求められてきた最も貴重な金属の一つであり、一般には黄色であると考えられています。これは実際に地中で見られる純粋な形では黄色です。一般に、24金、18金、14金、一部の国では9金があります。この数字は、存在する金の部分と、別の金属の部分の割合を数値で単純に消費者に示すものです。

確かに、純金100% - つまり24金のゴールドは最も暗い黄色の色調をしていますが、最も可鍛性があり、そのために作業するのが最も簡単です。伝統的に、インドや東南アジアなどの多くの文化では、24ktゴールド(=24金)製ジュエリーだけが本物であると信じられています。

けれど、金属として最もよく作業できるようにするために、他の金属を混ぜられて金合金とされます。たとえば、ヨーロッパで一般的な 18金ホワイトゴールド を例に挙げると、75%がゴールドで、ニッケル、パラジウム、マンガンのいずれかと混合されています。金を白くするだけでなく、より硬くし、従って作業がしやすくなります。

ピンクゴールド-エンゲージリングの繊細な選択

エンゲージリングを選ぶのは簡単な作業ではなく、パートナーと一緒に選ぶか、または自分一人で選ぶかには無限の可能性があります。

けれど、ピンクゴールド製のエンゲージリングを選ぶことを考えたことはありますか?

本当に普通のメタルから出てきた美しい色で、ここ数年カムバックしたファッションです。ピンクゴールドは本質的に金と銅および銀の合金であり、金は75%、銅は22.25%、銀は2.75%です。あなたがどれくらい強くピンクや赤っぽいトーンを望むかによって、銀を取り除くことができます。

ピンクゴールドのエンゲージリングは非常に独創的で、今日、より一般的には、エンゲージリングにはホワイトゴールドまたはプラチナが選ばれてるため、なぜかしらヴィンテージに見られがちです。ピンクゴールドは、どんなデザインにもとてもロマンチックな表情を与えます。

BAUNAT ではピンクゴールドがダイヤモンドに映えると信じています。ピンクゴールドで美しいデザインのコレクションをご用意しているのは、このためです。さらに、弊社では素敵なクラシックなデザインをお勧めします: ダイヤモンドソリテール エンゲージリングやダイヤモンド アライアンス などです。けれど、それらに限らず、弊社のピンクゴールドの美しいジュエリー をお見逃しなく。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER