モアッサン石(別名モアサナイト、モアッサナイト)は長年研究されてきた、ダイヤモンドの主要な模擬体であり、ダイヤモンドに最も近い特性を示すため、非常に優れた「フェイクダイヤモンド」となっています。

けれど、ほとんどの人が常に知っているとは限りませんが、モアッサン石 は実際の 天然 鉱物の一種でした。

それはもともと1890年代にフランスの化学者アンリ・モアッサンによって発見され、彼にちなんで名付けられました。

20世紀の間、様々な地質学者によって何度かほんとうに存在するのか疑問を呈されたほど、非常にまれな鉱物です。けれど、過去にキンバーライトやランプロイトなどの超苦鉄質岩やダイヤモンドの実物の中に、インクルージョン(包含物)として発見されてからは存在が認められています。

より一般的には、実験所で作られる合成物として知られている理由はこれです。

モアッサン石の基本的な特性は何ですか? また、優れたダイヤモンド模擬体となる理由は?

モアッサン石の結晶構造は強い共有結合によっても保持されているという点でダイヤモンドに似ているため、大きな圧力にも耐性があります。けれど、その結晶系はより一般的な六方晶系であり、ダイヤモンドは立方晶系であるという違いがあります。

モース硬度で9.5の硬度を有し、これはダイヤモンドの硬度が最大の10であることを考慮すると、非常に印象的です。その他の最も硬度の近い鉱物は、硬度9のコランダム(サファイア、ルビー)です。

モアッサン石はまた、アダマンチンの光沢を見せます。実物は金属に近いですが、その光沢はダイヤモンドの光沢であり、特にダイヤモンドにちなんで名づけられたアダマンチンです。

これらは、モアッサン石が ダイヤモンドリング 内のダイヤモンドを模造するために使用される、いくつかの理由です。

ダイヤモンドの代わりにモアッサン石を買う

人々が、ダイヤモンドリング の代わりにモアッサン石リングを購入することを決める理由はいくつかあります。理由のひとつには、実際のダイヤモンドを所有するという考え方が好きではなく、研究室で製造された石を購入することを好むということです。もう一つの理由はセキュリティの観点からで、モアッサン石のリングは同じサイズの ダイヤモンドリング よりも簡単に交換可能で安価です。

上で簡単に触れたように、価格はこの特定の石を選択する際に重要な要素です。実際、モアッサン石はまったく同じ重量が同じダイヤモンドと比べると、かなり安価です。石のサイズを最重要視する方には、興味深い代替の選択肢となるかもしれません。けれど、それが本物のダイヤモンドと同じ魅力を持つことは決してありません。

BAUNAT では、弊社コレクションにエレガントな ダイヤモンドリング を多種多様に取り揃えています。また、リングをご自分でデザインし、異なる宝石を使用したい場合には オーダーメイド も承っています。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER