エンゲージリングまたは一般的な ダイヤモンドリング を選ぶ際には、各種のセッティングが多数あることを見てきました。

リングのシャンクを使う際に ダイヤモンドリングに与えるテクスチャーと、それがどのように完全に違う印象を与えるかについて説明します。この仕上げによりセッティングの視覚的なサイズも増すため、より大きく見えます。

ミルグレインの縁取りとは何ですか?

別名ミルグレインとも呼ばれ、以前はよく使われていたヴィンテージスタイルの装飾で、昨今再流行の兆しを見せています。ロマンチックでアンティークなリングが好きな人々に、特に好まれます。

小さなビーズや金属製の穀物のように見える、リングの端の仕上げ です。この特別な仕上げは、実際には、ミルグレイン・ホイール、造粒、CADデザインの3つの異なる技術を使用して作ることができます。

実際にはどのように制作されますか?

ミルグレイン・ホイール:これは3つの方法の中で最も簡単なものの1つです。ハンドルに嵌めこんだ回転ホイールから成るこのホイールは、金属の縁に沿って走らせるだけで小さな粒の模様が浮き出る仕掛けです。

粒状化:この技術は、実際にリングの表面に小さなビーズを個々にはんだ付けするものです。ミルグレインの仕上げとは少し違って見えますが、結果は少し粒が大きめに見えるだけで同じような印象を与えます。

CADデザイン:今日の技術を使用して、リングをゼロから仮想的に作成する場合、実際にデザインが作成されたときに最終のリングに現れるミルグレインの縁が、仮想リングに直接描画されます。

あなたはロマンチックな人ですか? 細部まで凝ったアンティークなセッティングが特にお好きですか? それなら、このテクスチャーこそがあなたにぴったりの ダイヤモンド リングです!

BAUNAT では、この美しい装飾を幅広い コレクション でお届けしています。さらに、お好きな ダイヤモンド リング のモデルが見つからない場合、弊社には、あなたの夢見るミルグレインのある独自のリングを作成し、その過程の各段階で喜んであなたをお手伝いする デザイナー  チームが控えています。

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER