マリリン・モンローは、ダイヤモンドが女の子の親友であることをよく知っていました。そして、彼女はあれほど人気がありましたが、名声は決して彼女を幸せにしませんでした。1952年、彼女は伝説の野球選手、ジョー・ディマジオに出会いました。控えめに言っても”嵐のような”ロマンスの後、彼は今では伝説となったエタニティリングを片手に、1953年の大晦日にマリリンにプロポーズしました。35個のバゲットダイヤモンドから成る、目も眩むようなセットです。このリングは、2人のレジェンドの間の不幸な結婚の象徴であり、決して実現しなかった調和のとれた未来という二人の夢を象徴していました。おとぎ話は274日間続きました。マリリンのキャリアが急成長したことに対するジョーの嫉妬が、二人の結婚を破壊したのです。

バゲット カットのダイヤモンドは長方形のファセットカット面を持ち、フランスパン=バゲットを連想させます。複数の小さなバゲットを追加して、主に中央のダイヤモンドを強調するためにジュエリーで使用されます。

ヴィンテージエンゲージリングの需要がこれほど高まっていなかったら、この昔ながらのカットは間もなく忘れ去られてしまったことでしょう。バゲットをお探しですか? 弊社なら、あなたのお好みに応えることができます。BAUNAT なら、あらゆるダイヤモンドのシェイプで理想的なジュエルを創り出すことができます

マリリン・モンローが着けていたようなエタニティリングについては、ここをクリックしてください

Share on:
JOHANNA BAUMGARTNER